国交省が静岡県とJR東海の仲介に乗り出す

未だに静岡県とJR東海の間で揉めている中央新幹線の静岡県通過区間について、国土交通省が仲介に乗り出すそうです。さすがにこれだけ揉めているとねぇ。進捗が遅れるのも困る話ですし。

しかし、沿線の他の自治体に対して「ご理解を示していただいた」などと静岡県知事は行っていますが、どこもとりあえず話は聞いた程度の反応だったはずで、かなり冷ややかな感じだったように思います。他の自治体からすれば、静岡が騒ぐことで開通が遅れるのは困るわけですしね。愛知県知事からはもっとはっきりした批判が出ていたように思います。結局のところ、どこも静岡県の側に道理があるとは思っていないのでしょう。

JR東海は、大変な手間のかかるトンネルからのポンプアップで、大井川の減水分は補償すると言っているのですし、それを受け入れるほかはないと思うのですけどね。国土交通省が出てきてもそれを受け入れるよう説得する以外のことはないように思います。あるいは何らかのバーター取引になるのかもしれませんが、東海道新幹線の静岡空港駅は現実的ではないでしょうし。果たしてどうなることやら。

この記事へのコメント