ホクレン、本州北海道間貨物列車の維持を訴える

ホクレンが、北海道と本州を結ぶ貨物列車の存続を訴えたそうです。まあ、北海道への貨物鉄道網の最大の受益者でしょうからね。

実際のところホクレンは、鉄道貨物をたくさん使っていますが、しかし道外に送る農産物の内3割余りが鉄道利用、と記事に書かれている通り、実際には過半数は船なんですよね。鉄道ジャーナルなどの記事で見ても、RoRo船でトラックごと積んで運んでしまうような輸送もかなり多いです。輸送先の都合や所要時間、運賃などを比較して選んでいるわけで、まあそれ自体は当たり前のことではあります。

もっとも、JR貨物が貨物列車を運行するために、旅客鉄道会社に払っている線路使用料は、本来必要な額の10分の1という説もあります。そうやって線路使用料を大幅に割引してもらって、ようやく競争力のある貨物運賃を提示できているに過ぎない、と考えると、本来的には成り立たない存在なのでは、と思ってしまいます。そしてそれを利用して運賃を抑えているホクレンは、その構造の大きな受益者なのでは、とも思えます。

まあそれを言えば、トラックの負担する税金や高速道路通行料金は、あの値段でいいのだろうかとも思っています。道路への負荷は、車両の重量の何乗かに比例するということなので、乗用車がもたらす負荷はトラックに比べればほとんど気にならないレベルのはずです。そうであれば、乗用車とトラックの税金や通行料金の比率は、こんなものでは不公平なのでは、と思えます。物流を保護することで、最終的な国民への物資の提供価格を抑える狙いがある設定なのでしょうけど。そうやって保護するのであれば、鉄道に対しても保護があって良いのでは、とも思えます。

しかし、貨物列車の青函トンネル通行廃止なんていう影響の大きなことができるのですかね。

この記事へのコメント