ふしぎな鉄道路線: 「戦争」と「地形」で解きほぐす

『ふしぎな鉄道路線: 「戦争」と「地形」で解きほぐす』を読み終わりました。サブタイトルになっている「戦争」と「地形」とあるように、明治から昭和戦前期までの、日本の鉄道路線のルート選定における軍事と地形の影響を解説した本です。 よく、海岸線付近は敵の攻撃を受けやすいので、鉄道を敷設することに軍部が反対した、と言われます。その流れで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more