台風15号

今朝まで関東に過去最強クラスの台風15号が襲来していたそうで、大騒ぎでしたね。サイズがコンパクトなのに非常に強いというのも独特な特徴です。

一応今回は鉄道の計画運休が、前回よりもかなり準備立てて実行されたように思うのですが、それでも被害の規模が上回ったという感じでしょうか。今朝8時に運行再開を予定していたのに、結局この時刻に運行再開できた路線はほとんどなかったようです。特に直撃された千葉県方面はほとんどダメでしたね。総武本線は東千葉駅の屋根を吹き飛ばされて架線に接触してしまい、津田沼より東が終日運休でしたし。

停電も相当広範囲で起きているようで、昨年の台風21号の関西襲来のことを思い出します。あの時、うちでも12時間以上停電して、まだ暑いころだったのにエアコンが使えず、幼い娘のことを心配したものでした。幸い夜間に復旧してくれたのですが。

成田空港が孤島になってしまったのは、結構意外でした。関空は橋が1本しかないので、それが通行止めになってしまえばどうしようもないのは明らかでしたが、地続きの成田空港でもそうなってしまうとは。高速道路と鉄道が使えないと、陸路の移動はほとんど絶望的なんですね。一般道では限界があるということか。中には鉄道が動いている地域まで歩こうとする人もいたそうですけど、いくらなんでも海外旅行の大荷物を抱えてその距離を歩くのは無謀ですね。航空機の運航は再開されていたので、どんどん到着する客が滞留する一方だったようですが…。こうなると国内線で大阪や名古屋に飛んでそこから新幹線で東京に戻ってくるのが最短ということになるのでしょうか。

いろいろ準備もしたものの、予想以上の強力な台風にやられたという感じでしょうか。

この記事へのコメント