関西の新快速の話題

日本経済新聞が、関西における新快速の話題を記事にしています。割と的確な記事が書かれているように思います。

新快速が特急より速いことがある、ということを実例を示して書いていますね。まあこれは、前後のダイヤにより左右されますからね。先行列車に追いついてしまったら流して走らざるを得ないこともあるので、個別の列車を比較していくと遅い特急も出てきます。間に貨物列車を入れなければならない場合もありますし。あとは特急の方が加速が鈍い気動車ということもあるかもしれません。

首都圏が長い編成の列車を頻繁に走らせているので、単純にこのような高速運行は難しい、という指摘は的確だと思います。まあそれでも結構頑張って走っている方だと思います。

この圧倒的な速度が関西地区に鉄道利用の優位性を定着させているように思います。関西でも、自家用車の利用が便利な場所は中心市街地のすぐ外側から広がっているわけですけど、中心市街地へ出かけるならば渋滞や駐車場確保の懸念から鉄道利用が検討対象になるわけで、そこにこれだけ快適で高速な列車が走っていれば、自家用車をやめて列車にしようか、となっても不思議ではないわけです。これは姫新線姫路口、播但線、加古川線といった外郭の支線の利用も押し上げる要素になっていると思います。

滋賀県南部の都市発展へ与える影響は言うまでもなく。南草津駅は好例ですね。これが上編ということなので、下編も楽しみです。

この記事へのコメント