土佐町の新幹線駅誘致

高知県の土佐町が四国新幹線の駅を検討したいそうです。

土佐町ってどこだっけ、と思って地図を見てしまったのですが、土讃線の特急停車駅のある大豊町の西の2つ隣で、現行では高速道路も鉄道もない町ですね。早明浦ダムのダム湖が位置するあたりです。高知県には土佐市もあって、そちらと勘違いしてしまいました。土佐市は、いの町の南にあるちょっとした市街地もある自治体で高速道路も通っており、ここならまだ新幹線の駅がと言われても納得するのですが、一方で高知より先の方になるので、さすがにここまで新幹線が伸びることはないだろう、というような場所です。

さて、地図を見ながら考えたのですけど、確かに土佐町を新幹線が経由する可能性は、皆無ではないでしょう。四国新幹線がそもそも実現するのか、というところを脇に置けばですが。しかしここを通すとなると、四国中央市あたりで松山への新幹線から分岐して、四国山地の山の中をまっすぐ突っ切って高知へ向かうという線形になり、およそ他に駅を設置できそうな場所はありません。他の町だって新幹線の駅を誘致したいであろうことを考えると、外を差し置いて土佐町が簡単に誘致できるようなものでもないでしょう。

現実に考えると、やはり現行の土讃線ルートがそれなりに合理的なのではないですかね。三好市(阿波池田)と大豊町(大杉)に駅を作れますし。そこそこ途中駅需要を期待できそうなのはこちらに思えます。高知自動車道は、川之江をジャンクションとする四国の高速道路網の構造上、土讃線よりもっと西の山の中をまっすぐ南下していますが、それでも大豊を通っているわけですし、三好市は別途徳島自動車道でカバーされているわけで。正直土佐町を通らねばならない理由がないと言わざるを得ませんね。

この記事へのコメント