加越トンネル

北陸新幹線の加越トンネルの記事が出ています。記事に解説されている通り、当初はスーパー特急と在来線を組み合わせた方式で運行する予定だったために、富山県内のJRからの経営分離区間を短縮することを狙って富山県の要求でルート変更が行われ、このために意味を失って建設中止となったトンネルです。

この記事では触れられていませんが、建設中止までに8億8000万円が投じられており、その額はルート変更の原因となった富山県が負担したそうです。建設中止までに本坑が300メートルほど完成していたそうで、これは驚きです。単純計算すると、1キロメートル当たり29億円ちょっととなるわけで、かなり安いように思います。整備新幹線初期の比較的単価が安かったころでも、1キロメートルには40億円程度かかるもので、作業坑の建設もしているのに、それより10億円も安いとは。おそらく、本坑としても充分な覆工まで終わっていないなど途中の状況で、軌道も架線もないから、ということなのでしょうけれど。

富山県に移管されていたことも知りませんでした。まあ、鉄道・運輸機構が保有したままでは何の当てもないですしね。その後利用のあてはなく、そのままのようです。掘りかけのトンネルなど何の用途もないでしょうし…。入口を封鎖してあるので安全性の問題はないでしょうから、そのまま放置していくしかないのでしょうね。

この記事へのコメント