JR貨物の被災対応

台風19号の影響であちこちの路線で不通が続いていますが、JR貨物も運休や代行輸送をしているそうです。東北本線や中央本線の不通長期化が痛そうです。

中央本線は、擁壁が倒壊しそうになっている区間について、とりあえず指導閉塞式による単線運転での再開を目指しているそうですが、限定的な普通列車しか走らせられないようなので、貨物列車の設定は難しいでしょうね。東北本線もかなり深刻な被害のようです。そして忘れがちなのが武蔵野線の貨物専用線区間ですね。土砂の流入なので、ここは比較的短期間で開通するのではないかと思いますが、今は山手貨物線に迂回させているのでしょうか。東北本線を代替して上越線・羽越本線経由で北の方へ走らせるのも、首都圏側の線路容量で圧迫されそうです。常磐線の北側が震災以降いまだ開通していないのも痛いところ。

長野県・山梨県への石油供給が問題という話もありました。確かにこれら内陸の県へは、沿岸から鉄道で石油を運んでいるのですよね。主に中央本線経由なので、今は供給が止まってしまっているはずです。四日市から中央西線を経由して長野へ運ぶルートも実際に使われているので、あるいは代替でこちらを増強するかもしれませんね。

それにしてもあまりに広範囲の被災に驚かされます。

この記事へのコメント