常磐緩行線ATO導入

JR東日本が常磐緩行線でATOを導入する(PDF)そうです。まあ踏切のない路線なので導入しやすいですね。他との出入りもあまりないのでホームドアも付けやすいでしょうし。東京地下鉄との乗り入れがあるので、その先の小田急とも打ち合わせて装置を導入しなければなりませんが、どうも東京地下鉄も同じような装置を導入しようとしているという話もあり、それならやりやすかったのかもしれません。

自動列車運転装置は保安装置とは別である、というのがはっきり図に出ていますね。保安装置であるATCによる防護が別に描かれています。ATCによる防護の範囲内で、自動運転を実現するのがATOであり、それがあればATCが不要というわけではないのです。しかしこの図、おそらく位置補正のための地上子を示しているのであろう緑の三角が線路の下に描かれているのに何も説明していないというのが面白いところです。内部的な資料から引っ張ってきた感じでしょうか。

ちょっと諸外国に比べて遅かったかなという感がありましたが、CBTCといいブラウンフィールドのATO化といい、次々に話が出てきた感じがありますね。

この記事へのコメント