明石新車両基地構想

JR西日本が、山陽本線の大久保-魚住間で新幹線が近接するあたりに、新たな車両基地を計画しているというニュースが出ています。新幹線と在来線の双方の車両基地で、新駅も整備し、まちづくりも一緒にやろうというもののようです。

山陽新幹線は、大阪側に車両基地がないので、大阪に到着すると折り返すもの以外はJR東海の鳥飼の車両基地に入庫するほかなく、JR西日本にとってはボトルネックになっている面がありました。中央新幹線が新大阪駅に乗り入れてきて需要が増大することをにらんで整備するというのですが、このあたりで車両基地を整備しうるだけの広い土地が残っていたことが驚きです。北陸新幹線が新大阪まで開通すると、地下にホームを設ける予定ですが、そこから山陽新幹線への連絡線を造ることになるでしょうから、到着列車をそのまま引き上げてこの車両基地に留置するといった使い方も想定できますね。北陸新幹線は、松井山手付近を通過する予定になっていたので、そのあたりに車両基地を整備するのかと思っていましたが。

中央新幹線は新大阪駅の地下にホームを設ける手はずで、北陸新幹線も同様ですから、すぐ近くで乗換ができるように配慮されるものと思います。そうなると山陽方面への連絡列車の始発もこの地下ホームになるのでしょう。あるいは、松井山手付近の車両基地から山陽の列車を扱い、明石付近の車両基地から北陸新幹線の列車を扱う、などということもあるかもしれません。もっともそうするためには、双方で異なるATCや列車無線への対応が必要になるのですが。

在来線の車両基地も、すぐ近くの西明石に既にあるのに、という感じになります。西明石で複々線が終わり、西明石の車両基地の出入りは電車線からに限られていることから、列車線を走る列車をここで打ち切って収容するのでは、みたいな意見も見かけました。実際この先網干まで行かないと列車線の車両を留置できる場所がないんですよね。

しかしまだかなり先の話です。一体どうなりますことやら。

この記事へのコメント