箱根登山鉄道の復旧見通し

台風19号で深刻な被災をして運休になったままの箱根登山鉄道ですが、2020年秋ごろに全線で運転を再開すると見通しが発表されました。これはまた長い運休になりそうです。

箱根湯本から大平台までの部分運行も検討するそうですが、信号回路の問題があるようですね。途中駅での折り返しを想定していないそうです。大平台駅はスイッチバック形式なので、物理的には列車が折り返していっているわけですが、その先の進路が限定されているということなんでしょうね。連動の変更は結構面倒な話です。また大平台は、駅前にバスを並べられるような場所ではないので、そこまで運行しても観光客輸送にあまり資さない、みたいな話もありました。

宮ノ下-小涌谷については、現行ルートで仮復旧するものの、本格的には谷側に新しい橋を架けることも検討、とあります。割と大きな話になりますね。

輸送力の限界に悩んでいるところだったので、この機会にさらに長い編成が入れるようにする改造ができればよいのですが、塔ノ沢の状況などを見ても難しいのでしょうね。今後どうなりますでしょうか。

この記事へのコメント