顔認証式自動改札機

大阪メトロで、顔認証式自動改札機のデモをしたようです。定期券を持たなくても、顔を登録することでパスできるそうですが、精度がどの程度のものでしょうか。

個人情報の取り扱いがやはり問題になりますが、従来型の乗車券を廃止せずに残しておけば、このサービスを使うかどうかは選択制だということができるので、本人同意のある場合のみということで問題にならないかもしれません。他にも、片道乗車券の代わりに顔認証を使う場合、入場前に顔を登録して出場後にそのデータを消去する、他の利用との間で関連させないということをする必要があるのではないでしょうか。定期券の場合一定期間保持し続ける必要があるのでしょうけれど。

あとは通過速度の問題がありますね。やはりICカードの圧倒的な処理速度には勝てないのではないかと思います。QRコードよりもさらに遅くなる可能性がありますし、ラッシュ時の改札通過でどれだけ捌けるのか、というところが気になります。

荷物を持っていたりベビーカーを押していたりで、切符やICカードを取り出しづらい人は一定数いるので、顔認証だけで通過できれば確かに便利なのでしょう。しかし、JR東日本でやろうとしているような、カードを改札の上から読み取って、タッチせずともカバンの中に入っていても読み取って通過できるようにする、という技術の方がより本質的に進歩しているような気はしますね。

この記事へのコメント