北陸新幹線環境影響評価方法書の説明会

京都府の南丹市で、北陸新幹線の環境影響評価方法書の説明会があったそうです。

ルートは京都大芦生研究林とかやぶきの里の間を通る想定、ということで、新幹線の経路がおぼろげながら見えるようです。方法書ではまだかなりおおざっぱで幅を持った経路しか示されていませんでしたしね。まあ、小浜を経由して京都に向かう都合上、南丹市のこのあたりはどうしても通らざるを得ないのでしょうけれど。

ルートや工法の検討が大変興味深いのですけど、いかんせん建設予算のめどが…。

この記事へのコメント