ジャパンレールパス予約システムの改善発表

訪日外国人旅行者向けに発売されているJR全線パス「ジャパンレールパス」について、ウェブ購入・指定席予約が可能になるサービスを来春に開始するそうです。

これまでは引換証を購入して、日本に到着後本券に引き換え、それから指定席の発券という手順だったのですよね。これだけ訪日客が膨大な人数に増えてくると、空港駅の窓口の手間が尋常ではなくなった、ということがあるのでしょう。また、自動改札機を使えないきっぷであったため、駅の有人通路が混雑するという問題もあったのだと思います。

今度からウェブで指定券を取れるようになりますし、おまけに指定席券売機でも指定券の予約・発行ができるようになるそうで、結構あちこちシステムを改修して頑張る感じのようですね。正直、オンラインから全国のJR線の指定券を予約できるようになるのであれば、それと同じシステムを日本人向けにも開放してほしいところです。今はJR各社で分断されていますからね。

しかしそうなると、システムは独自開発なのでしょうか。JR東日本のえきねっとは使いづらいとさんざん言われていますし、JR東海のエクスプレス予約はほぼ新幹線に特化したインターフェースです。

こういう改善策をJR全社横断でしっかりとりまとめて動く人がいたことに感謝したいですね。

この記事へのコメント