埼玉高速鉄道延伸協議

埼玉高速鉄道の延伸へ向けた協議が加速する見込みだそうです。

埼玉高速鉄道は、現行の終点の浦和美園駅から、東武野田線の岩槻駅を通りJR東北本線蓮田駅まで伸ばそうという構想があります。しかし、過去に費用便益などを分析して、望みが薄いという結果が出ていたように思います。今回、沿線開発と快速運行が必要という条件が付いていますが、クリアできそうな見込みになっているのはなぜなんでしょうね。そういうことを当初は含めないで考えていたのでしょうか。

岩槻からだと、東武野田線でいったん大宮に出れば、JRの上野東京ライン/湘南新宿ラインで相当な高速性をもって東京や新宿の都心へ出られますので、埼玉高速鉄道もそれなりに速達しないと競争で勝てず、十分な旅客需要を見込めないということなのでしょうね。埼玉高速鉄道は新設の鉄道だけあって運賃も高いですし、そもそも乗り入れ先が東京地下鉄南北線で、通るのは飯田橋や溜池山王、目黒といったあたりです。都内で乗換が必要になるのであれば、結局利用客は大宮を周ることを選択するかもしれないわけですね。ましてや蓮田になると、JRなら都心へ乗り換えなしで直行できますし。

かつてこの経路を走っていた武州鉄道が残っていたら、というifはよく語られることですけど、さすがに時代が違いすぎますね。

この記事へのコメント