阿武隈急行丸森-槻木運転再開

台風19号で被災していた、宮城県・福島県の阿武隈急行線のうち、宮城県内の丸森-槻木間が今日から運行再開したそうです。

福島県内の福島-富野は一足先に復旧しており、これで路線の両端が運行を再開したことになります。中間の富野-丸森が不通のままです。県境を越える山間部が被害が大きくて復旧できずにいるわけですね。

実際のところ、今日復旧した区間は仙台への通勤通学も多少はあるようです。一方福島側も福島駅へ直接乗り入れていることもあって、通勤通学の需要がそこそこあるようで、阿武隈急行は決して利用の少ない路線ではありません。しかし、通しで乗車する需要がどこまであるかというと、というところです。結局県境区間は需要が少なくなってしまうのですよね。そこがもっとも大きく被災して復旧のめどが立たない、しかも新車の導入に大変な地元の支援を仰ぐことになっていたというところを考えると、もしや中間付近だけ廃線になってしまうのでは、という恐れがありますね。宮城県側と福島県側でそれぞれ運行しても大きな支障はないのでしょうし。

実際宮城県知事の発言など、かなり微妙な感じです。果たして今後どうなることでしょうか。

この記事へのコメント