氷見線・城端線のLRT化協議

JR西日本が、氷見線・城端線のLRT化について地元と協議を開始したそうです。JR西日本では既に富山港線をLRT化した実績があり、岡山で吉備線についても議論が行われているところです。氷見線・城端線についてもこういう議論を始めるのですね。

三江線や可部線の末端のように、本当に輸送量が少なくてどうしようもないところは、既に廃線が進みつつあります。芸備線の奥の方もそろそろという話が出ていますし。一方、輸送密度が2000人くらいあるところだと、何とかてこ入れをしたいという感じになります。LRT化はその有力手段なのでしょう。

ただ、富山港線は曲がりなりにも電化路線でした。これに対して氷見線と城端線は非電化路線であり、路面電車を走らせようにもまず電化するところからで、経費がかさみそうです。ディーゼルのLRVなんていうのはかなり厳しそうですし。一方、氷見線の能町で貨物線の新湊線が分岐しており、高岡貨物ターミナルまで貨物列車が走っています。LRVが走る中を貨物列車も混ざって走ることになるのでしょうか。ドイツあたりで実例がありそうな話ですが。

やはり、万葉線と絡めて何とかしたいところがあります。幸い軌間も同じですし。米島口のあたりで万葉線から氷見線につないで、そこより氷見側だけ生かしてLRVを直通で走らせる、という感じであれば、高岡の市街地に直接出やすくなりますし、貨物列車は従来の氷見線の線路を専用に使うということで解決しそうです。もっともこうすると、氷見から高岡への所要時間は伸びそうです。

あいの風とやま鉄道線を立体交差で横断して、何とか新高岡駅まで直通させたいところです。現状、氷見線と城端線は高岡駅で本線を挟んで反対側になるので、直通列車を走らせるというのはそのままでは大変です。それにしてもすべてにおいて初期の設備投資にかかってきますね。果たしてどうでしょうか。

この記事へのコメント