臨海ルートと西山手ルート

JR東日本が建設予定の羽田空港アクセス線について、当初実施すると言っていた東山手ルートに加えて、臨海ルートと西山手ルートも実施する方向で検討という報道が出ています。一応3ルート構想がされていましたけれど、東山手ルートだけ先に造って、後はその後の検討なのかと思っていました。しかしこの報道が本当なら、同時にやることになりますね。

臨海ルートは、既に線路を通すトンネルが存在しているので、東山手ルートのために空港側の新規区間を建設しているのなら、追加で必要となる工事は東京貨物ターミナル駅構内の配線をいじるだけで済みます。それより問題なのは、東京臨海高速鉄道を通ることになるので、運賃徴収をどうするかということですね。JRからJRに抜けると、その間をすべてJR線を通ったものとみなして最安値のルートで運賃徴収されてしまうので、東京臨海高速鉄道が運賃を捕りはぐれるという大問題があります。新木場止めなら問題になりませんが、舞浜へ直通させたいと言っているわけですしね。もっとも、東京ディズニーリゾートへ羽田空港から直行したい人というのはどれだけいるのでしょうか。やるなら、幕張メッセへも直行できるように、海浜幕張へも走って欲しいものですが。

西山手ルートは結局山手貨物線へ直通するということですよね。ただでさえ線路容量がいっぱいになってきているのに、そんなに受け入れる余裕があるのでしょうか。長野、山梨方面と直通させる、という構想が書かれているということは特急になるということであり、それを考えると1時間に1本とかの限定的な運行なのでしょうか。そうなると、わざわざ西山手ルートを建設する費用をそんなもので償還できるのかという疑問も生じますね。

いろいろ不思議なところもありますが、詳細発表が楽しみなところです。

この記事へのコメント