700系ラストラン中止

3月8日に700系新幹線の東海道新幹線でのラストランが予定されていましたが、昨今のCOVID-19蔓延の影響を受けて中止になったそうです。こんなこともあったものですね。

結局、700系の東海道での本当の最終運行は、3月1日の団体列車になったそうです。その後、解体作業のために浜松に回送する可能性はありますけど。

通常の新幹線はそのまま走っているのに、なぜラストランだけ、という感じもします。ただ駅に撮影のファンが集まることを警戒したのでは、という意見を見かけて、なるほどと思いました。駅のホームで撮影しようとするとかなり密集しますからね。

これを受けて、ラストランの指定券を入手していた人が悲惨、という話が出ています。いわゆる転売で購入した人もいて、原価よりかなり高い値段で買った上に、クレジットカードでの購入だとクレジットカードへの返金になってしまうので、自分の手元に戻ってこないのですね。

思い起こせば、九州新幹線の全線開業式典(2011年3月12日)は、その前日に起きた東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の影響を受けて中止されたのでした。今度の件もそれに匹敵する事態となったということでしょうか。

この記事へのコメント

たづ
2020年03月07日 23:42
3月1日の団体列車までに乗れた人は、結果としてラッキーだったのでしょうね。
人の集まる全ての行事を禁じた国すらあります。
蔓延防止を考えれば妥当と思います。
Tamon
2020年03月07日 23:58
新幹線もガラガラみたいですね。経済的にもあちこち打撃が大きそう。