北陸新幹線の開業効果

北陸新幹線の開業効果が狭い範囲にとどまっており、止まらない駅では利用客が減少していると報じられています。ある意味当たり前ではありますが。

魚津駅の話を取り上げています。魚津だと確かに、新幹線開業前は原則特急が止まっていましたね。富山から大阪方面への「サンダーバード」も、一部魚津始発が設定されているほどでした。乗り換え需要がなくなり、と書かれているのは、ここで富山地鉄へ乗り継いで宇奈月温泉などへ行く人がいた、ということなんですかね。それは確かに、今では富山で富山地鉄に乗り換える人が多いでしょうね。

どうしても高速交通機関は小さな都市をサポートできずに、一極集中化を進めがちですね。しかしなければ全体が沈没するわけで…。なかなか難しいところです。

この記事へのコメント