越境通勤

緊急事態宣言が福岡県に出ているために、近隣県からの越境通勤に影響が出ているそうです。そういえば、下関市は山口県ではあるものの、海峡を渡って北九州市に通勤する人も多いのですよね。鳥栖市も佐賀県ではあるものの、福岡県内に突き出した位置に存在していますので、日常的に福岡県と行き来があります。機械的に県で区切っても、という感はあるものの、できるだけ移動を減らして他人との接触も制限しなければならない状況だと、可能な限り減らそうというのはありなのかもしれません。対応不可能な職務であればそのまま通勤しているのでしょうし。

私の住む兵庫県も、阪神間と言われる地域は大阪の通勤圏であり、非常に多くの人が毎日府県境を越えています。これもできる限り減らそうということになっているのでしょうね。それを言うと東京近辺の3県も東京との間の行き来は日常のはずです。

交通の発達した現代において、厳密に行政区画で切って考えるのは無理なんですよね。それに対応して市町村も合併を繰り返して大きくなってきた歴史があるわけですが。まあ、やはり可能な限り接触を減らそうという努力目標と捉えるべきなのでしょう。

この記事へのコメント