日田彦山線の再提案

ほぼ廃線・バス(BRT)転換で合意が成立するかのように思われていた日田彦山線被災区間で、自民党の福岡県議団が独自案を出し始めたそうです。また決まるまで時間がかかるのでしょうか。

不通区間のおよそ半分を鉄道で復旧する案というのが気になりますね。釈迦岳トンネルを通る区間でしょうか。東峰村に少しでも鉄道が残るように、といった発想なのかもしれません。しかし、有用性が…。

将来にわたって鉄道事業の損失増大をカバーする提案でもないと、JR九州も同意しないでしょうし、またもや混沌としてきた感じです。

この記事へのコメント