大井川鐵道9割運休

大井川鐵道が、現状9割の列車を運休していて、朝ラッシュのみの2本の運行になっているそうです。これはなかなか強烈な減便です。他はバス代行なんですね。

朝ラッシュはそれでも列車が走るというのは、バスでは運べない程度の人数が乗っているということでしょうか。まだそれが希望という感じです。しかし大井川鐵道は、もはや完全な観光鉄道なのだなと感じますね。地方鉄道が今までよく生き延びているという感じがします。蒸気機関車で客を呼べなければ日中は列車を走らせるほどの需要はないというわけですから。

井川線の方は中部電力からの事実上の補助で動いているわけですけど、本線の方もよく生きているものだと思います。不思議な感じですよね。

この記事へのコメント