伯備新幹線

もう昨年の話だったようですが、伯備新幹線の整備推進会議なんていうものが発足していたんですね。羽越や奥羽、東九州、四国なんかでも動きが活発化しているのでこちらもということなんでしょうけれど。

まずもって、山陰新幹線を造るのであればこのルートは不要でしょうね。岡山と米子・松江・出雲市の間の流動は一応あるものの、その需要のほとんどは岡山での新幹線乗り継ぎであり、最終的な目的地は広島だったり大阪だったりします。岡山そのものへの移動需要はそこまでないんですよね。なので山陰新幹線で大阪へ直結できるのであれば、伯備ルートは不要ということになります。もちろん広島への移動はどうするという話ではあるのですが。

ただ、長々と山陰新幹線を整備することが非現実的に思えるのも確かであり、そうであれば伯備を整備するというのもありなのかもしれません。そうすると今度は鳥取をどうカバーするのかという話ではあるのですが。鳥取へは智頭急行のさらなる改良でも図るのでしょうか。

いずれにせよ、北陸の大阪延伸自体がはるか先のことであるのに、こんなところの話をしていても、という感じはしますね。

この記事へのコメント