ウォーターフロント延伸計画

鹿児島市電のウォーターフロント延伸計画の記事が出ていました。結構検討が進んでいるんですね。

ナポリ通り-パース通りを通って、鹿児島中央駅からまっすぐウォーターフロントに向かう、という提案もあったようです。これはかなり大規模な路線新設になります。しかし構想されているのは、単線で一方循環の路線ですから、仮にこのように長いルートを単線で新設してしまうと、せっかく新しく設置できる多数の電停に片方向の電車しか来ないことになり、かなり不便なようにも思われます。単線で走る区間は少なくした方が良さそうに思えます。またこの記事でも指摘されているように、鹿児島最大の繁華街である天文館からウォーターフロントへのアクセスには、このナポリ通り-パース通りのルートは使えませんので、やはりいづろ交差点までは既存ルートを走るのが良さそうに思えます。

いづろ交差点から直進してウォーターフロントへ出るのが有利なのかと思っていたら、渋滞の問題からこれは却下されているんですね。いづろ交差点で南へ曲がって、鹿児島港のかなり広いエリアを循環する形が有力なようです。まあ路線網としてはこれで妥当でしょう。後は、どういう系統を設定するかですね。鹿児島駅から反時計回りで循環する系統、鹿児島中央駅から反時計回りで循環する系統を設定する感じでしょうか。

今のところ鹿児島市電に関する延伸構想はウォーターフロントに集中している感じですが、やはり個人的には鴨池の県庁への延伸をやって欲しいところです。

この記事へのコメント