日中線

日中に走らない日中線、として有名だった、会津地方の日中線の記事が出ています。私など、まったくこのあたりは乗れていない世代なのですが、この記事にも出てくるボロボロになった熱塩駅の写真は見た覚えがあります。 喜多方と米沢を結ぶ構想だったのですが、喜多方からの盲腸線に終わりました。この記事では、戦前の工事中断時点でできていたところまで開…
コメント:0

続きを読むread more

マスク

今日は、ドラッグストアに立ち寄ったところ、今回のCOVID-19問題発生以来初めて、マスクが店頭に陳列されているのを見つけました。これまでは、売り切れているところしかありませんでしたからね。 BYDというロゴが入っており、2月から急遽マスク製造に参入したという中国のEVメーカーの製品であることがわかります。短期間で猛烈に生産能力を…
コメント:0

続きを読むread more

25Hz電化

アメリカ東海岸には、交流電化方式として25Hzを採用している区間があるのですが、なぜこんな周波数なんだろうとこれまでも疑問に思ってきました。アメリカの商用電源周波数は60Hzであり、仮にドイツなどのように低周波交流電化で交流整流子電動機を駆動するという初期の本線交流電化技術を採用したのだとしても、60Hzの商用電源周波数からわざわざ整数…
コメント:3

続きを読むread more

磯新駅設置協議会

日豊本線の鹿児島地区で、鹿児島駅の隣に新しく駅を造る構想が動いていますが、このほど設置協議会が設立されたそうです。建設費の約6割を民間が負担する構想で、その全額を新駅予定地の目の前で仙巌園を運営している島津興業が負担する意向を示したということなので、そこまで費用の手当てができているのであればこれはもう実現するのでしょうね。 画像中…
コメント:3

続きを読むread more

JR九州閑散線区収支公開

JR九州が、輸送需要の少ない20区間(輸送密度2,000人/日以下)について、詳細な収支を公表(PDF)しました。今までは、ざっくりした区分で輸送密度だけが公開されていましたが、今回収支と詳細な通過人員が明確になりました。 これを見て意外だったのは、吉都線の輸送密度が肥薩線の八代-人吉よりも多い、ということですね。肥薩線は一応人吉…
コメント:2

続きを読むread more

青函トンネルの貨物列車運行時間帯限定検討

北海道新幹線の速度向上に向けて、青函トンネルで線路を共用して走行している貨物列車の運行を午後に限定することで、午前中に速度向上を図るそうです。盆・年末年始の閑散期を利用した特別ダイヤだそうですが、試行してみて将来的には恒常的に実施することも検討するということなのでしょう。 6時-15時30分は貨物列車を走らせないということのようで…
コメント:0

続きを読むread more

ひたちなか海浜鉄道新駅

ひたちなか海浜鉄道湊線で、来年3月開業予定の新駅の整備が進められているそうで、このほど新駅の駅名が発表されました。美乃浜学園だそうです。市立の小中一貫校の整備が進められていて、それに合わせたものだそうで、そうであれば駅名としては特に新しく考案した感じではないですね。 この発表の良いところは、単に新駅の特徴をアピールするだけではなく…
コメント:0

続きを読むread more

駅前大橋線着工予定と宮島口の移転予定

広島電鉄の中期経営計画で、広島駅ビルへの乗り入れ計画「駅前大橋線」が11月ごろに着工し、2025年春の完成を目指すそうです。いよいよ工事が始まるようです。 またこの記事で注目するのは、広電宮島口駅も移設するという話ですね。2022年春の開業ということで、こちらの方が先になるようです。これはどういう計画だろうと思って調べると、広島県…
コメント:0

続きを読むread more

伯備新幹線

もう昨年の話だったようですが、伯備新幹線の整備推進会議なんていうものが発足していたんですね。羽越や奥羽、東九州、四国なんかでも動きが活発化しているのでこちらもということなんでしょうけれど。 まずもって、山陰新幹線を造るのであればこのルートは不要でしょうね。岡山と米子・松江・出雲市の間の流動は一応あるものの、その需要のほとんどは岡山…
コメント:0

続きを読むread more

台湾高速鉄道3割収入減

台湾高速鉄道では、4月までの段階で収入が約26パーセント減少しているそうです。タイトルは営業利益となっていますが、本文を読む限りでは収入の誤りですね。 日本の新幹線が9割減などというとんでもない輸送量減少をきたしているのに比べると、台湾は随分マシですね。感染症をかなり抑え込んでいますしね。しかし、収入が26パーセント減少だと、昨年…
コメント:0

続きを読むread more

MTAの状況

アメリカ在住で鉄道に関する記事を結構書いている冷泉彰彦さんが、ニューヨークのMTAの状況についての記事を出しています。先日も取り上げましたけど、MTAの職員に結構死者が出ているそうで、一体どうしたことかと思ったのですけど、なんと初動でマスクの着用を禁止するということをやっていたようで、これは問題になりそうですね。 マスクは、自分が…
コメント:0

続きを読むread more

大井川鐵道9割運休

大井川鐵道が、現状9割の列車を運休していて、朝ラッシュのみの2本の運行になっているそうです。これはなかなか強烈な減便です。他はバス代行なんですね。 朝ラッシュはそれでも列車が走るというのは、バスでは運べない程度の人数が乗っているということでしょうか。まだそれが希望という感じです。しかし大井川鐵道は、もはや完全な観光鉄道なのだなと感…
コメント:0

続きを読むread more

減便ダイヤ撤回検討

COVID-19に伴う緊急事態宣言が多くの地域で解除されて、鉄道の利用客がかなり増えてきているようですね。やはりこれまで、無理して移動を抑えていたので、反動が出てくるのでしょう。もし首都圏も関西圏も緊急事態宣言が解除されれば、本格的にこの間での出張移動なども出てくるのではないかと思います。 5月28日以降大幅な減便ダイヤを予定して…
コメント:0

続きを読むread more

日田彦山線BRT化ほぼ確定

日田彦山線の不通区間の処遇について、廃線を抵抗していた東峰村が鉄道での復旧を断念する方向を伝えたそうです。これでほぼ決まりでしょうか。BRTの導入になりそうです。 BRTの方策に関してまだ争いがあるようで、JR九州の言っている彦山-筑前岩屋(釈迦ケ岳トンネル)のみの専用道化ではなく、県境の宝珠山まで専用道を伸ばせ、という交渉をして…
コメント:2

続きを読むread more

北海道机上旅行

国鉄分割民営化直後の時刻表で北海道を机上旅行という記事です。稚内から函館まで、もうなくなった廃線にできるだけ乗りながら一筆書きで移動しよう、という案を練っているものです。 しかし、国鉄分割民営化直後の時刻表を引っ張り出してきたために、乗れている廃線は天北線、名寄本線、標津線の3つだけですね。いわゆる長大4線のうちの3つです。この時…
コメント:2

続きを読むread more

仮称南越駅の駅名検討

2022年に開業が迫る北陸新幹線の敦賀延伸ですが、地元で仮称南越駅の駅名検討が始まっているようです。 地元からは、鯖江市が鯖江を入れて欲しい、南越前町が越前を入れて欲しい、越前町が越前にして欲しい、といっているそうで、まあまた長くて変な名前になりそうな雲行きがあります。越前にするというのはさすがに、ここだけが越前ではないだろうとい…
コメント:2

続きを読むread more

地下鉄の公営の理由

地下鉄に公営事業者が多い理由という記事が出ています。今のところ、民営化されたのは東京地下鉄と大阪メトロの2社だけでしょうか。民営化されたと言ってもまだ株式は公開されていないですし、民間が株式を保有しているわけでもないですが。埼玉高速鉄道のように三セクになっているところはありますが。 この記事にもあるように、結局のところすべてトンネ…
コメント:2

続きを読むread more

東北新幹線減便ダイヤ

JR東日本が、5月28日以降の新幹線運行計画を発表しました。通常時の約6割の運転まで減便するそうです。一応緊急事態宣言がかなり広範囲で解除されることになっている中で、なおこれだけの減便をするというのが、今の状態を表していますね。 東北新幹線では「なすの」の日中運転がなくなり、「やまびこ」が仙台止まりで各駅停車にする、「はやぶさ」が…
コメント:0

続きを読むread more

スエズ運河迂回

石油の価格が非常に下がってきているため、巨大な船がスエズ運河を通航せずに喜望峰を回るようになっているそうです。スエズ運河の通行料を払うより、遠回りした方が安い、となってしまっているんですね。スエズ運河の通行料金は大型の船舶だと1隻50万ドルにもなるそうで、なるほど燃料代が安くなれば逆転することもあるのかも、と思ってしまいます。 も…
コメント:0

続きを読むread more

娘の外出

今日も在宅勤務をしていたのですが、夕方になり仕事を切り上げるころ、妻からヘルプのメッセージがスマートフォンに入りました。夕方に娘を連れて散歩に出かけたところ、公園に張り付いてしまって帰りたがらないとのこと。私も迎えに行くことになりました。 本当に娘は、私にも妻にも似ずに、活発で外に出たがる性格です。公園にいればいつまででも遊んでい…
コメント:0

続きを読むread more

ニューヨーク地下鉄夜間運休

COVID-19対策で、ニューヨーク地下鉄が夜間全面運休となるそうです。ニューヨーク地下鉄は保線作業のためなどで臨時に止めることはありますが、24時間運行を原則としています。 今回1時から5時まで運休だそうで、これなら日本の鉄道とそう変わりない感じになりますね。利用客が減ったから減便するというわけではなく、24時間に一度消毒作業を…
コメント:0

続きを読むread more

羽田空港新線の分担

JR東日本の羽田空港への新線について、羽田空港内の建設は国が担う方向で調整しているそうです。まあ、普通に考えて、空港の用地内で工事をして空港の機能に影響を与えると責任問題になりますから、空港側の監督下で工事をするものでしょうね。 1時間当たり8本とするJR側の計画の2倍を確保する、とあります。東山手ルートは単線区間があるので、1時…
コメント:0

続きを読むread more

テキサス・セントラル鉄道計画

JR東海が関与しているとされるテキサス・セントラル鉄道計画で、土地所有者との間で訴訟になっていたそうなのですが、テキサス・セントラル鉄道側が勝訴したそうです。鉄道として認められると、測量のための立ち入り権と用地収用権が与えられるのだそうで、これに反発する土地所有者側が、テキサス・セントラル鉄道は鉄道ではない、と主張したのだそうです。いく…
コメント:0

続きを読むread more

チェネリベーストンネル試験走行開始

スイス南部のティチーノ州で建設中のチェネリベーストンネルで、試験走行が始まっているようです。この困難な時期ですが、着実に進んでいるのですね。ドイツから試験用のICE編成を借りて、275km/hまで加速して走らせたようです。 このトンネルは、アルプトランジット・ゴッタルド計画の一環で、ゴッタルド峠を通る南北ルートを改良するものです。…
コメント:0

続きを読むread more

北海道から非自動閉塞消滅

札沼線が今日をもって正式に廃止されたようです。緊急事態宣言を受けて急遽列車を運休にしてしまったので、実際にはずっと以前に最終運行されたという珍しい事態になりましたが。この廃止で、JR北海道から非自動閉塞が消滅したそうです。なるほど、札沼線の末端はスタフ閉塞でしたね。 江差線の末端もスタフ閉塞で、そのために湯ノ岱駅に駅員が配置されて…
コメント:0

続きを読むread more

連休最終日

今日で連休が終わりですね。史上もっとも何もしなかった連休でした。 午後からは雨が降る予報であったため、午前中に娘を近くの公園へ連れて行きました。以前ほど走り回らなくなり、じっと遊具で遊んでいる感じがします。言葉が出てきつつあって、自動車や動物などに反応して言葉を出すので、それがなかなか楽しいところです。 昼食をあげると、昼寝…
コメント:0

続きを読むread more

カレーのテイクアウト

連休も終盤に来ていますが、相変わらず自宅に閉じこもっている生活で、私が物心ついて以来こんな連休は初めてです。旅行好きとして、連休はどこかへ出かけるものでした。せめて少しでも潤いを、と思って、テイクアウトを営業している飲食店でテイクアウトを買ってきました。以前はイタリア料理店でピザとサラダと前菜のセットを買ってきたのですが、そこは結局連休…
コメント:0

続きを読むread more

亀岡への地下鉄

古いニュースですが、京都市長が提案していた京都市営地下鉄東西線を西側に伸ばし、洛西ニュータウンや長岡京市などを新交通システムも交えて結ぶという話に対して、亀岡市長が亀岡経由で大阪へ、と主張したそうです。これはまた長距離路線です。思い付きもいいところというか。 実際のところ、これは京都からの鉄道が亀岡に伸びてくることはほとんど重要で…
コメント:0

続きを読むread more

ウォーターフロント延伸計画

鹿児島市電のウォーターフロント延伸計画の記事が出ていました。結構検討が進んでいるんですね。 ナポリ通り-パース通りを通って、鹿児島中央駅からまっすぐウォーターフロントに向かう、という提案もあったようです。これはかなり大規模な路線新設になります。しかし構想されているのは、単線で一方循環の路線ですから、仮にこのように長いルートを単線で…
コメント:0

続きを読むread more

武庫川

今日は午後からのんびり自転車で武庫川まで出かけていました。たまには外出しないと気が変になります。 武庫川の右岸には自転車道が整備されており、道路の橋の下を全部潜っていくので他の道路との平面交差がほぼなく、平野部を流れる川に沿うので高低差もほぼないという、自転車での移動には最適な通路になっています。ここをのんびり走ってきました。天気…
コメント:0

続きを読むread more

東海道新幹線沿線の不思議と謎

『東海道新幹線沿線の不思議と謎』を読み終わりました。新書なので割と気軽に読めますが、前半の方は東海道新幹線のルート選定の経緯などを割ときちんと調べて書き込まれており、参考になる本でした。 東京駅における東海道新幹線と東北新幹線の線路の接続の話は、私は国鉄時代に接続しないということでもう終わった話だと思っていたのですが、どうもJRに…
コメント:4

続きを読むread more