鉄道のドイツ史

『鉄道のドイツ史』を読み終わりました。著者の鴋澤氏は経済史学者で、ドイツ経済に関する研究の過程でドイツの鉄道についても触れており、過去に『鉄道人とナチス ドイツ国鉄総裁ユリウス・ドルプミュラーの二十世紀』という著作もあります。 この方は本業は経済史学者ですので、ドイツの経済統合に鉄道が与えた影響などというものを研究されていたわけで…
コメント:2

続きを読むread more

みんなの九州きっぷ

JR九州が、全線または北部九州エリアが乗り放題になる「みんなの九州きっぷ」を発売するそうです。7月11日から9月27日までの間の土休日2日間が対象だそうで、特急列車も乗れて指定席を6回まで利用できて全九州版が1万円、北部九州版が5000円というのは格安です。 COVID-19対応で需要喚起のためなのでしょう。国がやれば税金を投入し…
コメント:0

続きを読むread more

オーバーランドトレイン

アメリカ陸軍向けに開発されていたというオーバーランドトレインという輸送車両の記事が出ていました。これは面白いですね。 鉄道の貨物列車のように多数の車両を連ねて道路を走行するトラックで、動力車にある発電機で発電した電力を各車両に送って、各車両の電動機を駆動するという方式だそうです。動力分散なんですね。あとは各車両のステアリングをどう…
コメント:0

続きを読むread more

ハイオクガソリンの取引形態

石油元売り各社がオリジナルブランドで販売しているハイオクガソリンが、実は各社で混合して出荷されているので実質同じものになっていると報じられています。 これまで、私の認識としては、灯油は各社で同じタンクに貯蔵したものを出荷することがあるので、どの会社の製品でも同じである、というものがありました。昔の鉄道雑誌で鉄道貨車での石油輸送につ…
コメント:0

続きを読むread more

能登線列車脱線事故の慰霊碑清掃行事

1985年7月11日に当時の国鉄能登線で発生した築堤の崩壊による列車脱線事故で、JR関係者による慰霊碑清掃行事があったそうです。ここもまだ続いているんですね。 この能登線はその後、第三セクターに移管され、結局廃線になりました。したがってこの区間はもう走っていないですし、最後に運営していたのは国鉄でもJRでもないのですが、慰霊はJR…
コメント:0

続きを読むread more

JRグループの株の持ち合い

JRグループが株の持ち合いを拡大しているそうです。少し前にも互いに出資するようになっているようだという話がありました。本州3社からJR九州への出資比率は、どの会社からも1パーセントを超えたのだそうです。 国鉄分割民営化時に、各社は全く独立した企業として発足していて、互いに資本関係などはなく、人事交流もありませんでした。JR北海道の…
コメント:2

続きを読むread more

鉄印

全国の第三セクター鉄道を周って御朱印ならぬ鉄印なるものを集めるという企画が始まるそうです。乗り潰しであちこち出かけるのはよくある話なので、その際にこういう印をもらえるというのは嬉しい話です。神社仏閣巡りの際の御朱印もまさにそういう指向ですし。 これ、全国の第三セクター鉄道がすべて参加しているのかと思いきや、よく見ると青い森鉄道だけ…
コメント:0

続きを読むread more

秋田臨海鉄道解散の予定

秋田臨海鉄道が2021年3月に会社を解散するそうです。同社線を利用する貨物がなくなるのだそうで、全社員をJR貨物が引き継ぐのだそうです。 2014年度に比べて2019年度が57パーセント減とは凄い減り方です。まあ、もう少数の荷主に依存している状態なので、そのうちの1社が鉄道貨物利用を撤退するようなことになるとこんな数値になるのでし…
コメント:2

続きを読むread more

ANAのA380再飛行

ANAの導入したA380が、COVID-19流行に伴う減便で3月から運航を中断していますが、ほぼ3か月ぶりに今日26分間だけ飛んだそうです。航空機が90日を超えて飛行しない場合、ジャッキアップして主脚を整備する必要があるため、だそうです。こんな規則があるのを初めて知りました。 推測すると、ずっと機体の全重量が主脚にかかったままだと…
コメント:2

続きを読むread more

インターチェンジ改称

高速道路のインターチェンジ改称に関する記事が出ています。「高速道路の「インターチェンジ改名」が珍しい訳」というタイトルにしていながら、全文を読んでも結局改名が珍しい理由ははっきりとは説明されていないという、この手の記事によくある内容になってしまっています。 しかし、ICの改称例が実質2例しかないと説明されているのは貴重な話です。こ…
コメント:6

続きを読むread more

外出拡大

県外移動の自粛要請が解除されて、一気に移動が増えつつあるようですね。観光地が賑わいだしているそうで。 まあ、やっぱりあんな規模の外出自粛というのはなかなか続けられないですよね。多くの人はでかけたいわけで。経済的にもダメージが大きいですし。一旦感染を大きく抑えたので、後は接触追跡で頑張って感染者を発見・隔離していく戦術で感染の再拡大…
コメント:0

続きを読むread more

接触確認アプリ

今日から都道府県間移動の自粛要請が解除されて、多くの人が移動するようになってきているようですが、厚生労働省から接触確認アプリが公開されました。iOS/Andoroid両方で公開されており、ブルートゥースの機能を使って1メートル以内に接近して15分以上接触していた相手の情報を端末内に記録し、後で感染が判明した人が端末にその旨入力すると、接…
コメント:0

続きを読むread more

E353系パンタグラフトラブル

今日は、JR東日本のE353系の19本の編成でパンタグラフの損傷が見つかり、朝から中央東線の特急が運休するという事態になりました。E353系に統一していただけに、こういう時には代替する車両がなくて困りますね。E351系の頃であれば、E257系と併用していたので、おそらく今回のような事態であればE257系では問題なく走れたでしょう。 …
コメント:2

続きを読むread more

削正車増強

JR西日本がレール削正車を増強するそうです。削正することでレールの寿命を2倍に伸ばしてレール交換作業を削減できるのだそうで。 JR西日本は夜間の保守作業員不足を理由に、終電を繰り上げる話をしていましたからね。少しでも保守作業量を減らせるのならいろいろ投資するのでしょう。4編成導入して投資額54億円だそうなのでかなり高額な投資ではあ…
コメント:0

続きを読むread more

中国国家鉄路集団の財務状況

中国の高速鉄道の財務的な現状をまとめた記事が出ています。中国国家鉄路集団というのは、かつての中国鉄道部の実際に鉄道を運営していた組織が独立して設置された国有企業で、在来線も含めた鉄道網を運営しています。ただし、都市部の地下鉄などは都市の責任のようです。 この記事は、路線総距離に関しては高速鉄道に限定した数値を示しているのに対し、収…
コメント:0

続きを読むread more

熊本空港アクセス鉄道費用増額

熊本県がかなり積極的になっていて、実現するのかと思っていた熊本空港アクセス鉄道ですが、事業費が大幅増になって再検討する方向になったようです。詳細な設計をした際にトンネルが増えたのだそうで。中断や凍結はしないそうですが。 10キロ建設して437億円-561億円はいかにも高いですねぇ。しかし現代だとこれくらいの費用になってしまうのか。…
コメント:0

続きを読むread more

野岩線建設計画

野岩線の建設時の計画についてツイートしている人がいて、とても興味深いものがありました。 鉄道公団が建設していた野岩線は結局第三セクター野岩鉄道として開通し、起点の新藤原で東武鉄道鬼怒川線と接続して運行しています。しかし、国鉄線として建設するからには国鉄の路線と接続を考えていたはずだと思っていました。その点について実際にどういう考え…
コメント:0

続きを読むread more

GoToキャンペーン

COVID-19が何とか落ち着いている状況で、政府は経済回復のための需要喚起策に乗り出しているようで、旅行を促進するGoToキャンペーンなるものをやるそうです。ネーミングが酷いといろいろ叩かれていますが。 旅行クーポンのようなものを発行して、政府が最大で半額を負担してくれるようですが、私のように決して普通の旅行先にはいかない人間に…
コメント:0

続きを読むread more

京成青砥駅脱線事故

京成青砥駅で今日午前、脱線事故があったようです。パンタグラフが外れて架線に引っかかってぶら下がっているという、なんともシュールな光景の写真が出ていました。 先にパンタグラフが外れて架線に引っ張られて脱線したのでは、という観測を見かけましたけど、車両がレールに沿って案内される力はかなり強く、架線程度で引っ張って脱線させられるとは思え…
コメント:2

続きを読むread more

列車本数の少ない駅

乗りものニュースが、札沼線末端部廃止後の列車本数が最も少ない駅は、という記事を出しています。5月で廃線になった札沼線末端部は、最後の頃は1日1往復でしたから、往復をカウントしても1日の列車が2本の駅がたくさんあり、末端の新十津川駅は到着をカウントしないのであれば1日1本ということになっていました。 この記事によれば、今は石北本線の…
コメント:2

続きを読むread more

日高本線廃線の支援策

日高本線の転換協議で、JR北海道が25億円の支援策を提示したそうです。そういうところまで話が進んでいるのですね。 この路線の赤字額は、2015年度で年額15億円くらいだったので、2年分くらいの損失を計上してでも手放した方がJR北海道にとっては有利、ということなんでしょうね。ただ、近年廃止になった江差線や石勝線夕張支線などに比べると…
コメント:0

続きを読むread more

国会図書館関西館

今日は休みをもらって、再開館した国立国会図書館関西館へ行ってきました。COVID-19の流行を受けて東京館が先に休館となり、関西館もその後休館していましたが、6月4日から関西館が再開、11日から東京館も再開予定となっています。 関西館へは鉄道とバスで移動することもままありますが、今回は車で出かけることに。何度か車で行ったこともある…
コメント:0

続きを読むread more

ブルーリボン賞・ローレル賞

今年の鉄道友の会のブルーリボン賞は西武鉄道001系「Laview」、ローレル賞はJR四国2700系に決まったようです。Laviewはかなり斬新な特急車両でしたので、圧倒的な人気があり、受賞はほぼ確実だと思っていました。西武鉄道としては初代特急車両のレッドアロー(5000系)以来の受賞だそうです。 ブルーリボン賞は鉄道友の会会員の投…
コメント:0

続きを読むread more

日本一長い列車愛称

JR四国の観光列車が、カナにすると日本一長い名前になるという記事が出ています。「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」だそうですが、これは本当に長いですね。これまで最も長いのは同じ四国の「四国まんなか千年ものがたり」だそうです。これまた観光列車ですね。 正直、列車の名前が長いと何が良いのかよくわからないわけですが、ここで話題を作って…
コメント:0

続きを読むread more

モンバサ-ナイロビ鉄道の内情

中国の関与でケニアに建設されたモンバサ-ナイロビ鉄道の内情が厳しいようです。既に存在していた狭軌の鉄道にほぼ並行して標準軌で高速を出せる新線を整備して、能力的には非常に優れている鉄道なのですが、当然ながら十分な需要があるのか、というところで。 ほぼモンバサからナイロビへの片輸送になっていて、ナイロビから搬出する貨物はまず存在しない…
コメント:2

続きを読むread more

東芝決算

東芝の決算が発表されました。赤字ではあるものの、アメリカでのLNG事業切り離しに伴う損失を計上したことに伴うもので、営業自体は黒字だったそうです。このLNG事業は期待を込めて投資した事業だったものの、巨額損失が出そうになって、原発問題や粉飾決算問題で抱えきれなくなった東芝にとっては次の爆弾とも言われましたが、何とか最小限の損失に食い止め…
コメント:0

続きを読むread more

舞鶴市のトンネルの補修

舞鶴市で管理されているトンネルの補修の話が記事になっています。老朽化が進展しているトンネルもあって、定期点検で状況を把握し、計画的に修繕して長寿命化する、ということだそうです。 記事に貼られている2枚の写真がいずれも鉄道トンネル由来であるのが興味を惹きますね。この記事の解説だと、いずれも補修して維持してくれる感じですね。 北…
コメント:0

続きを読むread more

箱根登山鉄道の試運転

昨年の台風19号で被災して不通となっている箱根登山鉄道ですが、復旧作業が進み宮ノ下付近まで試運転電車が入っているそうです。かなり酷い被災をしたと思うのですが、よくぞここまで直したという感じです。 1時間に2本程度のダイヤで試運転とありますね。試運転にしても結構な列車本数を用意するものです。新線開業時に運転士の訓練が必要であれば、実…
コメント:2

続きを読むread more

東京高速道路の緑化・遊歩道化を検討

小池都知事が、東京高速道路の緑化・遊歩道化を検討すると発表したそうです。これ以前に中央区の区長が提案していた内容だそうですが。 東京高速道路は民間の会社で、両端を首都高に連絡する一般自動車道を運営しています。この区間は無料で通過でき、東京高速道路は道路の下のビルを運営して得る収入で成り立っているという面白い存在です。ビルの屋上に道…
コメント:3

続きを読むread more

鉄道利用客が次第に回復

緊急事態宣言が解除されて1週間過ぎて、今日は先週より2割から3割も鉄道の利用客が増えているそうです。やはり在宅勤務や自宅待機を止めて出勤する人が増えてきているんですね。ずっと在宅勤務だけで何とかなる企業ばかりではないでしょうし。前年同期比ではまだ半減とか、新幹線だと8割減とかですけど。 この時期に東京勤務になってしまった元上司は、…
コメント:0

続きを読むread more