循環列車

昔はたくさん運行されていた循環列車の話が書かれています。都市部の環状線なら今でも同じところをぐるぐる走っていますけど、昔は長距離列車でも行った先をぐるっと回ってまた元の駅に戻ってくる列車が設定されていました。札幌から胆振線を周ってまた札幌に戻ってくる急行などですね。

この記事でも説明されているように、複数の需要をつなぎ合わせている列車だったんでしょうね。今でも、「のぞみ」は東京-博多で運転されていても、本当に通しで乗る人はあまりいないはずで、東京-岡山とか、名古屋-小倉みたいな乗り方をする人になんでも対応できるように長距離を運行している面がありますね。循環列車でなくても実質的な意味合いは同じでしょう。

まあ、国鉄時代だと循環列車に限らず、変な長距離設定があったんですよね。名古屋から米原、敦賀、綾部と小浜線を周って山陰本線に入り、なぜか大社へ行くという列車がありましたし。あれはいったいどういう需要を想定しているんだという感じがあります。車両が足りない中でやりくりした結果なんでしょうけれど。まあ見ている分には面白いのですが。

この記事へのコメント