GoToキャンペーン

政府がCOVID-19流行による観光業の落ち込みの対策として、GoToキャンペーンなるものを始めようとしています。

感染症が完全に収まっている状況ではないのに、人を移動させてどうするか、という批判は当然あります。一方で観光業は支えてやらないと死にそうな状況なわけで。この記事を読む限りだと、キャンペーンの誘客効果自体はあるようで、そこそこ予約が増えてきているようです。それはリスクの裏返しであるわけですけども。

この記事でも触れられているように、同じ県内での旅行を推進するキャンペーンに限定するというのも手なのかもしれません。しかし、首都圏の圧倒的な人口ボリュームを考えると、そこからの集客に依存している施設もたくさんあることは確実ですしね。なかなか難しい問題です。

予算を使って直接観光業者を支援したらどうか、という話もありますけど、宿泊関係だけではなく交通も飲食も観光関連で収入を得ているので、あまりにも幅が広すぎて、どうやって観光関連業を定義して支援するのか、というのがまた大問題です。

実際のところ今後どうなるのか、あまりにも予想できなさ過ぎて困りますね。

この記事へのコメント