ボーイング737のAD

ボーイング737で、長時間運航せずにいるとエンジン内部の抽気逆止弁の部品が錆びて、離陸時に弁が展開した後戻らなくなって、着陸しようと出力を落としたときにエンジンが止まって再起動も不能になってしまう可能性がある、という問題が発覚したそうで、FAAが耐航空性改善命令(AD)を出したそうです。駐機状態が長く続いた機材は、運航再開前に問題の逆止弁を点検して、問題があれば交換しなさい、という指示のようです。

ボーイング737は、いろいろ設計を改良されながら長く生産され続けている機材で、最新の機材はほとんど別機ではないかというくらい変わっているので、そういう新しい機種で問題が見つかったのかと思ってしまいます。しかしボーイング737-300のような古い機材でも対象になっているので、どうやら随分長い間見つからずにきた問題点のようです。本来、商用の飛行機というものは絶えず飛び続けて稼ぎ続けるものであり、こんなに長く駐機されるということはまず滅多にないのですよね。だからこれまで発覚せずにきたのでしょう。アメリカ同時多発テロの後の飛行停止命令であっても、こんなに長くはなかったと記憶しています。今回は非常に多くの機材が長期駐機を余儀なくされ、そのためにこの問題が発覚することになったのだと思われます。

737はエンジン2機の機材であり、1機が動いていればとりあえず着陸に問題はないとはいえ、パイロットは焦るでしょうし、エンジンが同じ状態に置かれていたら最悪2機とも同時に停止して再起動不能に陥る深刻な問題もあり得るわけで、改善命令になるのも自然な感じです。現代の航空機はかなり安全な乗り物ですけど、こうやって1件1件の問題が起きるたびに丁寧に潰してきて今があるんですよね。

この記事へのコメント