N700S

N700Sの投入が昨日から始まったようです。初日の初列車は、密集を避けるために非公表だったそうですが、出発式は行われたそうで、6時発の始発列車から投入されたとか。それ以降のN700S充当列車は、公式から発表が行われるようです。今のところ1日2往復だとか。

Sが付いただけなので、形式の上ではあまり変化がないのですけど、動力システムなどはかなり違うものなんですよね。完全に別形式にして欲しかったものです。そろそろ1000系にするか、2代目0系にするか、というところを期待していました。いろいろ内部的な事情もあるのかもしれませんが。

3月末に出張で東海道新幹線を利用して以来、3か月以上鉄道を利用しない状況が続いていて、私としては異例の状態です。できればまた東京に出張したいものです。

この記事へのコメント

旅の途中のとおりすがり
2020年07月03日 20:44
1985年の100系投入以来、東海道新幹線の営業車両は複数形式の併用だったのが、3月の700系の引退で35年ぶりに単一形式に戻りましたが、その状態は3ヶ月余りで終わったことになります(0系は表面上同一形式なだけで改良は行われていましたが)。N700Sは今のところ5編成ですが、今年度中に計12編成、2021、2022年度に各14編成が投入されるそうで、見た目があまり変わらないこともあって気が付いたら珍しくない存在になっていそうです。
 形式の十の位に、700系は1, 2、N700系は6, 7, 8、N700Sは3, 4を使っています。N700Sも8連でグリーン・普通合造車ができたらあと一つ数字を使うかもしれませんが、それでもまだ空きはあるのでN700Sのさらに次の形式も700番台で頑張るかもしれません。
Tamon
2020年07月04日 01:22
あまりそういうことで頑張ってほしくないですが(苦笑)。
知らないうちにどんどん増えそうですね。