川崎市の交通網整備検討

川崎市が新産業創出拠点形成に向けた交通網整備を検討しているそうで、鶴見線・南武支線周りの検討をしているみたいです。

以前から、南武支線を直接川崎駅へ乗り入れるという話は出ていました。現状南武支線は、川崎から南武線の本線を1駅走った尻手駅に接続しているので、南武支線沿線から川崎駅に向かうのは乗換になって、結構不便です。そこで南武支線から直接川崎駅へ乗り入れるショートカット線を造ってしまおう、という話です。昔は実際に貨物支線として存在していたのですが、かなり昔に廃止になって跡地にはマンションなどが建っています。今更同じルートで再建するのは難しそうですが、違うルートを採用するにもこの辺りはすべて市街地ですしね。また、素直にショートカット線を造ると東海道本線が通っている側に線路が出てきてしまうので、ホームをどこに設けるのかというのも問題になります。南武線ホームへ立体交差で持っていくとしても、今度はターミナル容量の問題が出るでしょうし。正直非常に高額になる案以外では、ここは解決策を思いつきません。

一方、浜川崎駅移転案というのは新しく出てきた話ですね。南渡田の操車場に移転してしまうということだそうです。実際、鶴見線の列車に乗ってこの辺りを通ると、広大な操車場に線路が敷き詰められているものの、ほとんど使われている形跡はないのですよね。安善に向かう貨物列車が一時的に在線することがあるくらいです。ここはそろそろ線路を整理して再開発を始めるのではないかと思っていました。ここに移転すれば、その再開発の支援にもなりますね。また現状浜川崎駅は、南武支線と鶴見線でやや別の場所にホームがあって、いったん公道に出ないと乗換ができません。もっとも公道に出ると言っても目と鼻の先ですし、元から無人駅できちんとした改札はないので大した障害ではないのですが。南渡田のあたりに両方のプラットホームをまとめられるなら、かなり利便性は上がりそうな気がします。

今後どういうプロジェクトが出てくるのか楽しみです。

この記事へのコメント