碓氷アプト鉄道

『碓氷アプト鉄道』を読み終わりました。1988年に発行された古い本ですが、このほど古書で入手しました。 著者の方は元産経新聞の記者だったようで、執筆時点では長野に移り住んでいるそうです。碓氷峠の鉄道廃止に反対するためにこの本を書いたそうです。そのため結構感情的な廃線反対論が書かれています。もっとも本文のほとんどのところは、碓氷峠の…
コメント:2

続きを読むread more

川崎市の交通網整備検討

川崎市が新産業創出拠点形成に向けた交通網整備を検討しているそうで、鶴見線・南武支線周りの検討をしているみたいです。 以前から、南武支線を直接川崎駅へ乗り入れるという話は出ていました。現状南武支線は、川崎から南武線の本線を1駅走った尻手駅に接続しているので、南武支線沿線から川崎駅に向かうのは乗換になって、結構不便です。そこで南武支線…
コメント:0

続きを読むread more

山本寛斎氏逝去

もう数日前の話ですが、山本寛斎氏が亡くなられました。本業はファッションのデザイナーですが、京成の現行AE車のデザインを任されていたので、鉄道関係の方でも仕事をした方です。こういう仕事もできるんだ、と当時驚かされたものです。 実際に山本氏がどれだけAE車の設計に携わったのかはよくわかりません。日本車両の社内デザイナーがかなりのところ…
コメント:2

続きを読むread more

青柳社長会見

JR九州の青柳社長が会見して、7月の豪雨被害を受けた区間の復旧方針はまだこれから決めると述べたようです。 久大本線の復旧は1年程度かかるというのは、2017年の花月川橋梁の流失の前例と同じくらいということでしょうね。橋の規模はそう大きく変わらないですし。 一方、肥薩線の方は1年以上かかるのはもちろん、明治時代の建設であった2…
コメント:0

続きを読むread more

桃園メトロのトラブル

桃園機場MRTで、火花が出るトラブルが多発して日立が対応を求められているそうです。 架線から火花が出るとあって、ショートしたら自動的にもう一つの回路に切り替わる、とあって、これは何を言っているんだとなりました。架線から火花が飛ぶようなショートをしたとき、それを代替できるようなもう一つの回路があるわけがないのです。架線は電気鉄道にお…
コメント:0

続きを読むread more

ボーイング737のAD

ボーイング737で、長時間運航せずにいるとエンジン内部の抽気逆止弁の部品が錆びて、離陸時に弁が展開した後戻らなくなって、着陸しようと出力を落としたときにエンジンが止まって再起動も不能になってしまう可能性がある、という問題が発覚したそうで、FAAが耐航空性改善命令(AD)を出したそうです。駐機状態が長く続いた機材は、運航再開前に問題の逆止…
コメント:0

続きを読むread more

兵庫県立図書館訪問

今日は兵庫県立図書館を訪れました。雨が心配だったので、初めて車で行ってみました。自宅はバスに乗らないと駅に出るのが厳しい場所なので、特に雨の時は鉄道利用が厳しくなります。 阪神高速から第二神明道路に入って、大蔵谷で降りて一般道をちょっと走って、結局自宅から1時間ちょっとで図書館のすぐ裏手の駐車場に到着しました。バスの利用さえなけれ…
コメント:0

続きを読むread more

中央新幹線の先行開業に関する観測

産経新聞で、中央新幹線の先行開業に関する観測が出ています。今のところ否定されているものの、このままだと部分開業の論議が再燃するかも、という話です。 技術的には、神奈川県駅(橋本駅)と山梨県駅の間に関東側の車両基地が置かれる予定なので、先行開業される可能性の区間に含まれるわけであり、先行開業がまったく不可能ということはないと思います…
コメント:2

続きを読むread more

久大本線の取り残し車両

豪雨の被害を受けた久大本線で、不通区間の3か所に計18両の車両が取り残されていて、運行中の区間が減便になっているそうです。天ケ瀬に2両、豊後森に2両、由布院に14両だそうです。 このうち、8月8日に日田-豊後森は再開できる予定になっているので、天ケ瀬の2両と豊後森の2両はその時点で救出できます。鹿児島本線と日豊本線を周って大分の車…
コメント:0

続きを読むread more

仮称南越駅の駅名候補提出

福井県内の北陸新幹線の新設駅、仮称南越駅について、駅名候補選定委員会が候補を6案出してきたようです。当初は8案だったそうで、その中から絞ったそうです。越前武生、新武生、越前市、南越武生、越前、越前国府の6案で、このうち武生については「たけふ」とひらがなにする派生案もあるようです。落ちたのは南越と武生新だそうです。 南越は委員から上…
コメント:2

続きを読むread more

宮古島の鉄道構想

宮古島でリゾート開発をしている会社が、自社リゾート施設を巡回する鉄道敷設を計画しているそうです。これは驚きです。構想全長は11キロメートルだとか。 一般市民が日常の足として利用できるようにしたい、というところから見ると、鉄道事業法を適用するのでしょうか。実現すれば、沖縄都市モノレールを抜いて日本の南端かつ西端の鉄道ということになり…
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸石ダム

7月初旬の豪雨で球磨川流域に大きな被害が出たところですが、ここにある電源開発の瀬戸石ダムについて、決壊の危機があると報じられ、早速電源開発から反論文書が出ています。瀬戸石ダムの豪雨後の写真は私もTwitterで見て、確かに桁がずれているものの、これはダム本体の構造ではないだろうと見ていました。この文書でもその旨記載されていますね。 …
コメント:0

続きを読むread more

入眠管理

今日は午前中涼しいうちに外で娘に水遊びをさせて、昼ご飯を食べた後、眠りに誘うためにドライブに連れ出す、というスケジュールでした。娘は車に乗せるとてきめんに寝ます。ただし入眠してからの時間が短いと、車から降ろすときに起きてしまうため、距離を考えてやや遠いところまで走ってから戻ってきました。 すると、今度は車内での睡眠が20分程とある…
コメント:0

続きを読むread more

台湾高速鉄道宜蘭延伸構想

着々と延伸の進む台湾高速鉄道ですが、宜蘭への延伸も取りざたされているようですね。現状、南港への延伸工事はもう開業したのですが、南側は屏東へ延伸が決まったものの、まだルート検討中という段階です。宜蘭は東海岸側になり、南港からさらに伸ばす、という話ですね。 在来線でも東海岸は、高速鉄道の影響を受けない地域ということで最近強化されていま…
コメント:0

続きを読むread more

DBがICE3の派生形車両を発注

ドイツ鉄道が、ICE3の派生形の車両を30本発注するそうです。ICE4のときに、最高速度を275km/h程度に抑えてコストダウンした車両で、それまでICがカバーしていた中小都市への亜幹線へもICEを運行するとして、大規模な発注をしていたので、しばらくはこちらの路線で増備が続くのかと思っていましたが、ここにきて最高速度を上げる車両も買うよ…
コメント:0

続きを読むread more

平城宮跡の近鉄奈良線の移設案

奈良県、奈良市、近鉄の間で、平城宮跡の近鉄奈良線の移設に合意したそうです。もっとも、近鉄のコメントを見ると協議に合意したというだけで、具体的な計画は未定のようです。 現状、大和西大寺駅から近鉄奈良駅へ向かう区間は、平城宮を堂々と横断しています。遺跡の保護など何も考えていなかった時代の施工といえます。その後史跡に指定されても、通勤通…
コメント:2

続きを読むread more

GoToキャンペーン

政府がCOVID-19流行による観光業の落ち込みの対策として、GoToキャンペーンなるものを始めようとしています。 感染症が完全に収まっている状況ではないのに、人を移動させてどうするか、という批判は当然あります。一方で観光業は支えてやらないと死にそうな状況なわけで。この記事を読む限りだと、キャンペーンの誘客効果自体はあるようで、そ…
コメント:0

続きを読むread more

深坂トンネル内架線切断事故

今日は北陸本線深坂トンネル内で架線にパンタグラフが絡んで引きちぎり、長時間にわたって不通となる事故があったそうです。事故の当該は貨物列車だったそうで、出回ってきた写真を見ると、2個のパンタグラフのうち1個は跡形もなく、もう1個も明らかに壊れている様子でした。早朝の事故だったようなので、夜間の保守作業の際に何かミスをして架線を支えるものが…
コメント:0

続きを読むread more

新北陸トンネル貫通

北陸新幹線の敦賀延伸区間にある新北陸トンネルが7月10日に貫通したそうです。延長は19.76キロメートルで、延伸区間最長だそうですが、北陸新幹線全体としては飯山トンネルの次ですね。在来線の北陸トンネルに相当する区間にあるから名前に新を付けたのでしょうね。北陸トンネルは、まさに北陸本線改良の最大のポイントであり、当時としては画期的な長さで…
コメント:2

続きを読むread more

須磨海浜水族園

今日は、家族で須磨海浜水族園へ出かけてきました。娘がペンギンを大好きで、テレビでペンギンが映ると強く反応するので、ペンギンを見られるところへ連れて行くことに。 事前にウェブで調べて学習してあったものの、阪神高速の若宮ランプで降りると、須磨海浜公園の第1駐車場へ行くのは2回Uターンするなかなかトリッキーなルートでした。これは知らない…
コメント:0

続きを読むread more

循環列車

昔はたくさん運行されていた循環列車の話が書かれています。都市部の環状線なら今でも同じところをぐるぐる走っていますけど、昔は長距離列車でも行った先をぐるっと回ってまた元の駅に戻ってくる列車が設定されていました。札幌から胆振線を周ってまた札幌に戻ってくる急行などですね。 この記事でも説明されているように、複数の需要をつなぎ合わせている…
コメント:0

続きを読むread more

通行区分

自動車の通行帯区分の記事が出ています。左側通行・右側通行がわかれているのはなぜ、という奴ですね。 この記事だと、馬車の時代にいろいろな理由で決まった、大陸ではナポレオンが意表を突いた作戦で右側を行軍させたので定着した、と書いてあります。しかし後者の説明はちょっと納得いかないですね。そんなことを変えたところでどこで敵の意表を突けるの…
コメント:2

続きを読むread more

東海汽船のジェットフォイル新造船

東海汽船で、ジェットフォイルの新造船が就航するそうです。 ジェットフォイルはもともとボーイングが開発した高速船ですが、川崎重工業が国内でライセンス生産をしています。ボーイング自体も撤退してしまったので、今では川崎重工業しか造れないはずです。しかし1990年代中頃までに一通り必要な航路にはいきわたってしまったようで、その後25年も建…
コメント:2

続きを読むread more

九州の鉄道の被災状況

相変わらず雨が降り続いています。九州の鉄道の被災状況がまとまってきましたけど、なかなか酷いですね。鹿児島本線の川内-鹿児島中央など、途中で折り返しができるのでは、と思ったのですが、何か所も土砂流入や築堤崩壊が起きているようです。 肥薩おれんじ鉄道も、途中のトンネルの出口が覆われてしまうほどの大崩壊があるそうで、簡単には復旧できなさ…
コメント:0

続きを読むread more

時間帯別運賃の検討

JR東日本が、時間帯別運賃の検討を表明したそうです。ピーク時に高い運賃を課すということですね。 JR西日本だと、昼間特割回数券、通称昼特というものが京阪神圏においてかつてかなり広く普及しており、平日だと昼間のみ、土休日は全日、普通運賃よりかなり安く乗ることができました。ラッシュ時以外の余った輸送力を割安で販売して席を埋めようという…
コメント:0

続きを読むread more

流失橋梁

大雨が凄いことになっていますね。私の住んでいるあたりでもかなり強い雨ですが、九州ではこんなものではないようです。 一昨日大きな被害が出た球磨川流域ですが、鉄道だと球磨川第一橋梁、第二橋梁、第四橋梁が流失したとか。人吉の市街地に近い第三橋梁だけが残っているということですね。国道の橋も流失したとかで、国道219号は通れる状況ではなく、…
コメント:0

続きを読むread more

寝かしつけ

娘が相変わらず元気いっぱいです。午前中、雨が上がって綺麗に晴れてきたので、外を歩かせようと出たところ、そのまま公園へぐいぐいといってしまいます。もう外に出ると、公園に行きたくて仕方ないようです。 公園に着くと、ひとしきり鳩を追い回したり、滑り台を滑ってご満悦だったり、という感じです。先週、バスに乗って駅前まで行ってご飯を食べて帰っ…
コメント:0

続きを読むread more

球磨川流域水害

九州南部で特別警報が出るレベルの大雨だったようです。特に球磨川の流域が酷かったようで、深刻な水没の様子が伝わってきました。 球磨川に架かる鉄道の橋はどれも古く、明治時代に架設された時のままのものが多いです。唯一、人吉の市街地の近くに架かる球磨川第三橋梁だけは昭和50年代に架け替えが行われています。こちらは今度の水害では、割と広くな…
コメント:0

続きを読むread more

東海道新幹線のチケッティング

日刊工業新聞で、東海道新幹線のチケッティングの記事が出ています。現状、EX-ICを利用したチケットレス乗車は4割強だそうです。東海道新幹線は、頻繁に利用する人が多いので、自然とこういう便利な制度は定着していくのでしょう。 一方で、JR東海の運輸収入の約4割がJR東日本とJR西日本の窓口販売と書かれています。運輸収入の、ですから、必…
コメント:0

続きを読むread more

N700S

N700Sの投入が昨日から始まったようです。初日の初列車は、密集を避けるために非公表だったそうですが、出発式は行われたそうで、6時発の始発列車から投入されたとか。それ以降のN700S充当列車は、公式から発表が行われるようです。今のところ1日2往復だとか。 Sが付いただけなので、形式の上ではあまり変化がないのですけど、動力システムな…
コメント:2

続きを読むread more

単線新幹線

国土交通省から、幹線鉄道ネットワーク等のあり方に関する調査 令和元年度調査結果(PDF)という資料が公開されていることが話題になっています。単線新幹線の検討の話がこの資料の最初に収録されています。 新幹線の整備費用を抑えるために、需要の少ない区間では単線で整備しては、という話は時折出てきますね。もちろん、複線を単線に、線路を半分に…
コメント:0

続きを読むread more