中国国鉄2035年までの計画

中国国鉄が、2035年までの鉄道計画を発表し、高速鉄道が約7万キロになる見込みなのだそうです。現状のほぼ倍ということになります。現時点でも高速鉄道の営業距離が世界で圧倒的な1位で、2位以下の国のすべての合計を上回るくらいなのですが、さらに倍増とは圧倒されます。

全国鉄道網の総延長の20万キロというのは、都市鉄道を含んでいる値なのかが気になります。中国では都市鉄道は別扱いされていることが多いですし、中国国鉄(中国国家鉄路集団)の営業ではないですから。いずれにせよ日本に比べて、総延長に占める高速鉄道の割合が高いですね。もう在来鉄道をどしどし新設している場合ではないということでしょうか。

しかし、現状でも既に中国国鉄の債務残高が80兆円を超える状態なのに、このペースで建設投資を続けるというのはおよそ正気とは思えないです。政府から相当な支援がないとこれを達成するのは無理ではないでしょうか。

この記事へのコメント