来春の終電繰り上げの発表

JR西日本が、来春のダイヤ改正で終電繰り上げを実施するそうです。以前から保線時間を確保してより少ない作業員でも保線をできるようにすることや、作業員の環境改善を図るという理由で、終電繰り上げを検討している話が出ていました。

0時台の列車約50本を削減するそうで、結構大きな削減幅ですね。これはおそらく運転士や車掌にとっても嬉しい話でしょうね。終電に勤務した人は車両基地に戻ってきてから風呂に入り就寝し、翌朝また勤務するので、睡眠時間が結構厳しいのです。終電が繰り上げになればその分楽になります。駅員などもそうでしょうね。

一方23時45分新大阪着の東海道新幹線最終列車への接続は確保するそうで、これはありがたい配慮です。私の最寄り駅は現状でも最終列車から接続はしていないのですが、やや遠い駅なら到達可能で、そこから歩くことは不可能ではありません。これは維持されるのですね。

接続する私鉄各社とも調整するそうで、実はやはりそういうところは連携しているものなんですね。

この記事へのコメント