サンジョルジョ橋落成式

イタリアのジェノバで2018年にモランディ橋という高速道路の橋が崩落して43人の死亡者が出ましたが、2020年8月3日にそれを置き換えたサンジョルジョ橋の落成式が行われたそうです。結構大規模な橋を再建するのに2年というのは、かなり速い工事です。

古いモランディ橋の構造はPCで造られた斜張橋でしたが、今回の新しい橋は連続箱桁のようですね。下面がすらっとつながっていて、美しく見えます。関西国際空港ターミナルビルの設計もしたレンゾ・ピアノの設計だそうで、なるほどと思って調べてみると、日本の牛深ハイヤ大橋の設計もしており、このデザインも似ているように思います。やはり連続箱桁橋です。ある程度似たような設計を好むところがあるのかもしれませんね。

しかし、空軍の曲技飛行隊まで呼んでの華やかな開通式とは。43人も死亡した事故があると、なかなか華やかにはしづらいと思うのですが。余部橋梁で列車が落下して6人が死亡したときは、それから20年以上も経ってからの架け替えであっても、開通式に遺族を呼んで慰霊を行っていますし、そこまで華やかな行事ではなかったように思います。感覚が違いますね。

この記事へのコメント