任天堂1Q決算

任天堂が第1四半期の決算で、売り上げが前年同期のほぼ2倍という凄い業績になったみたいです。COVID-19大流行で外に出られないから、家でゲームをしようという方向に流れた人が多かったみたいですね。

3月に発売された「あつまれ どうぶつの森」はあちこちで大人気のようです。私は「どうぶつの森」シリーズは、妻が持っていた古い世代のものをちょっとやってみたことがありますが、あまりよくわからずにすぐ止めてしまいました。続ければそれなりに面白いのでしょうけど。昔、ゲーム雑誌でジャンルが「住宅ローン返済シミュレーション」となっているのを見て爆笑した覚えがあります。それにしても世界で2000万本を超える販売とは物凄い数です。

なかなか外に出られない状態だと、ゲームの中で他人と交流できるのが良かったのかもしれないですね。SNSも結構使われている気がしますし。インターネット、ブロードバンドがここまで普及する前にCOVID-19のような感染症大流行が起きていたら、一体どうなっていたことかと思いますね。

この記事へのコメント