豊肥本線運転再開

今日から、2016年熊本地震で被災して4年に渡って不通だった豊肥本線が運転を再開しました。実際の復旧工事着手まで、被災から1年ちょっとかかっているので、復旧工事自体では3年ほどかかったことになるでしょうか。正直、阿蘇大橋付近の大崩壊で地形自体がまったく変わってしまっているような状況だったので、再開できるか疑問視していましたが、よくぞここまで漕ぎ付けたと思います。

治山工事として国の側でかなり地形の復旧をやってくれたことが大きかったのでしょうね。また国道57号はまだ復旧が先なので、線路にすぐ並行している国道を作業ヤードとして使わせてくれたという話もありました。

一方、南阿蘇鉄道の方はいまだ不通です。架けなおさなければならない第一白川橋梁の新しい設計がそろそろ出てくるのではないかと思いますが、どうなりますでしょうか。せっかく復旧したのに、その直前の被災でまたJR九州内の不通区間が広がってしまったことは残念ですね。

この記事へのコメント