吾妻線活性化プロジェクト

吾妻線の最奥部の沿線に当たる嬬恋村が、吾妻線を守るために県庁へ村職員が出張する際に積極的に吾妻線を利用するようにするそうです。これは面白い取り組みですね。

うちの会社などは、海外出張などどうしてもやむを得ない場合はレンタカーや社有車の利用を認めていますが、基本的に公共交通で出張するように指示されており、多分このような例であっても当たり前に吾妻線で移動していたと思います。しかし実際には利便性的に自動車の方が合理的な面が多々あるのでしょう。大前までの列車は本数が少ないですしね。新前橋駅近くの駐車場に公用車を配置してまでやろうというのはかなり積極的です。村役場は大前駅が最寄りなのですが、その1つ手前の万座・鹿沢口まではもう少し列車本数が多いので、そこまで自動車利用を認めてもいい気もします。

出張で利用してもらえれば、貴重な定期外収入となりますし、いい取り組みですね。もっとも輸送密度への加算効果が見えるほどにはなかなかならないのでしょうけど。

この記事へのコメント