貝塚新駅構想

JR九州が福岡市の貝塚地区に新駅整備を検討しているそうです。鹿児島本線の千早と箱崎の間だそうで。西鉄貝塚線の起点かつ福岡市営地下鉄箱崎線の終点である貝塚駅に近いということのようです。

西鉄貝塚線、元の宮地岳線と国鉄/JR鹿児島本線は終始並行しているものの、やはり国鉄/JR線に乗客が逸走することを嫌ったのか微妙に接続がなく、JR線の駅と接続しているのは香椎線の和白だけでした。もちろん香椎と西鉄香椎は凄く近いわけですけど。最近になって千早駅が整備されて接続駅になったのは大きな進展でした。しかし地下鉄箱崎線とJRは直接接続しておらず、地下鉄空港線に乗り換えて博多駅へ行く必要があったわけです。もちろん歩いても近い距離なのですが。

地図で見ると確かに貝塚駅はJR線と近接しているので、ここで新駅を整備すれば直接乗換ができるようになりそうです。西鉄からすると、既に千早駅を整備した時点でJRへの逸走は起きていてこれ以上は問題になるほど起きないでしょうし、地下鉄利用者からは東の方へ行くときに、博多まで戻らなくてよいというところが利益でしょうか。まあどの程度利用が見込めるのかは、土地勘のない人間にはよくわかりません。

地下鉄箱崎線から西鉄貝塚線への直通構想もかなり昔からあるところですけどどうなんでしょうね。軌間も電圧も同じなので技術的には容易なはずなのですが、貝塚線は2両編成とかで走っている区間なので分併でもしない限り輸送力過剰というところがあって進展しないようですが。

COVID-19問題の中でも、いろいろ前進させる検討は行われているものなんですね。

この記事へのコメント