イングランドの丘

今日はお休みをもらって、家族で淡路島のイングランドの丘に行ってきました。COVID-19で逼塞した状況が続いていたので、家族で遠出するのは実に久々です。

娘をチャイルドシートに乗せて家を出発すると、最初からグズり、こちらを大変悩ませました。高速道路に入る前の時点で、もう諦めて帰ろうかと妻と相談するほどでした。携帯型DVDプレイヤーやタブレットなどを持ってきて、それで動画を見せる対策をしていたのですが、機嫌が悪いとどうにもなりません。結局、行けるところまで行くという決断になり、始終リアシートから泣き声とグズりが聞こえる中阪神高速神戸線を西に走ることになりました。とりあえず京橋のパーキングエリアによっていったん降ろして気分転換させることだろうかと考えていると、その手前で寝てしまいました。これでようやくほっとしてそのまま西へ。

第二神明、名谷JCT、垂水JCTと通って明石海峡大橋へ。ここを通るのは随分久しぶりです。あまりに規模が大きくて現実感がなくなりますね。以前娘が生まれる前に妻と淡路島へ行こうと計画したときには、あまりの大渋滞に高速に入るのを諦めてしまったことがあります。

淡路サービスエリアに寄って休憩。トイレだけ済ませてそのまま行こうかと思っていたのですが、娘が起きてきたので降りて散歩させました。結構はしゃいで歩き回り、せっかくなので観覧車にも乗せたところ、これもご満悦の様子でした。これでちょっと気分が変わったのか、寝たことで体調が良くなったのか、後はおとなしくしてくれました。

イングランドの丘に到着。平日ということもあってか割と閑散としていました。最初に淡路バーガーを食べたのですが、玉ねぎに甘みもあり、ソースも独特で美味しかったです。娘はフライドポテトをひたすらぱくついていました。

その後、カピバラやプレーリードッグ、ワラビー、ペリカン、コアラといろいろな動物を見て歩きました。これもまた娘は興味津々といった様子。また、芝生を歩くのが好きなようで、走り回っていました。

西側のエリアへシャトルバスで移動しました。娘はバスも好きなのでこれも喜んでいました。羊の放牧場は入れないものの、羊舎を覗き込んでこれまた喜んでいました。もっとも、その後遊具エリアに行くとアンパンマンの遊具に釘付けになっていました。結局それですか…。

カフェで休憩してから帰宅の途に。インバウンドがいなくなり、未だに外出の減少が完全には回復しない状況で、しかも平日を選んできたこともあってかなり空いていましたが、それでも感染対策で閉鎖している部分以外は営業していて、カフェもレストランもきちんと営業しているところはさすがというか。まあ南あわじ市が所有して指定管理させている施設だからというところもあるのでしょうけれど。

帰りは娘はDVDを鑑賞し、途中で疲れてきたのか寝てしまって自宅まですやすやでした。ある程度物がわかるようになってきて、遠出でずっとチャイルドシートに座ることをどう感じるだろうか心配したのですが、これなら何とかお出かけできそうです。1日結構楽しめました。

この記事へのコメント