青函トンネル期間限定高速化

北海道新幹線の青函トンネル内で、この年末年始に5日間だけ210km/h運転をするそうです。この時期は貨物列車の運行が少ないから、ということなんですね。

しかし、本来のダイヤがある中で、3分程度短縮したとしても、それをダイヤにうまく反映できるでしょうか。あちこち接続の関係もあるのに。普段より早発することになると問題もありそうです。詳しく周知して何とかするのでしょうか。新函館北斗で函館行きの列車に乗り換えるのに、これも3分前倒しできるのか、とかいろいろ問題がありそうです。

あくまでこういうことができるというデモンストレーション的なものでしょうかね。しかしここを頑張ってフルスピードで走れるようにしても、多分短縮できるのは5分とかなんですよね。なかなか厳しいところです。

この記事へのコメント