門出駅と合格駅

大井川鐵道が新駅を建設しているのは知っていましたが、駅名が門出駅と決まり、さらに隣接する五和駅を合格駅に改称するそうです。合格から門出へ、と縁起の良い名前にして切符を売ろうということかもしれませんが、ちょっと人工的な感じがしますね。

有名な、広尾線の愛国から幸福へ、というのは意図的にそういう地名・駅名を作ったわけではなく、たまたまそういう駅名があったというものですし。まあ三陸鉄道の恋し浜みたいに、あえて改称して縁起駅名にしようという動きがないわけではないのですけど。

まあ隣接する観光施設の名前から、命名権を取得して駅名にしたということなので、大井川鐵道側は受動的なのかもしれませんが。また地元の人たちが作った合格地蔵が五和駅の近くにあるということで、それならまだ駅名の由来として説明が付くのかもしれません。くま川鉄道のおかどめ幸福も幸福神社があるそうですし。

新東名のインターチェンジと連動する商業施設が近くにできて、大井川鐵道の観光利用にどういう影響があるか、気になるところです。

この記事へのコメント