阿武隈急行全線再開

昨年の台風19号で被災して不通区間が残っていた阿武隈急行が今日から全線運行を再開したそうです。

割と不思議なことに、この不通区間は車両の回送のための列車はすでに走っていました。乗客を乗せて走るには自信を持てない安全状態だったということですかね。そういわれると思い出すのは、やはり台風で被災して不通区間が発生して、そのまま全体が廃線となった鹿児島交通枕崎線(南薩鉄道)ですね。被災後、問題のない区間で一旦は部分的に運転を再開しており、被災区間は復旧できずに全線が廃止になりました。この際、加世田より南側は実際に運転できない状態だったようなのですが、伊集院側は安全性の問題で乗客を乗せていないだけで列車は通れる状態であり、当時鹿児島交通から国鉄鹿児島本線に片乗り入れで西鹿児島まで走っていた関係で、国鉄区間の列車を運休にできないからと、この不通区間を通って国鉄区間の運用に充当する車両を回送していたという話がありました。

そして今回の復旧後もさらに作業を続けなければならない状況だそうで、当面は速度制限をかけ、その関係で列車本数が限られるそうです。どんな被災状況なんだろうと思ってしまいます。法面の補強が広い範囲で必要とかそういう話なんでしょうか。

ともあれ、存廃論議に発展するところだったので、何とか復旧してくれてよかったです。

この記事へのコメント