肥前鹿島問題

長崎新幹線の影響を受ける鹿島市(肥前鹿島)の問題の記事が出ています。

長崎新幹線に関していえば、肥前鹿島は最大の割を食っている駅ですね。佐賀県内でも、肥前山口より東の駅に関しては武雄温泉で新幹線に連絡する在来線特急が残るので、新幹線開業後も従来に比べて利便性が落ちるということはありません。長崎県内は新幹線の恩恵を受ける諫早と長崎ですし。ほぼ一方的に被害を受ける感じです。

新幹線ができるとどうしてもそういうところがあるんですよね。鹿児島ルートのときも、阿久根は特急が全廃になり、並行在来線三セクの区間に含まれるために出資などの負担が生じ、運賃が上がり、そして新幹線の駅はないという、およそデメリットしかない問題でした。もっとも、整備新幹線では並行在来線を三セクに切り離すようになったから目立つようになっただけで、従来から新幹線整備の際にあった問題なのでしょうし、もっといえば在来線時代だってルート変更に伴って廃止になったり列車本数が減ったりするところはあったといえます。

全体最適から言えば新幹線整備なのでしょうけど、それが個別最適と異なるのが問題なんですよね。どこまで個別の自治体や駅の既得権益を尊重しなければならないのか、というのが難しいところです。肥前鹿島は単独ではおそらく鉄道が整備されず、たまたま長崎へのルートの途上にあったから恩恵を受けていたのでしょうし、そうであればルート上にないために鉄道が整備されずに来た町との差異はどうなるのか、という観点もあります。明確な解はない問題ですよね。

この記事へのコメント