一庫公園

今日は家族で一庫公園へ行ってきました。川西市にある一庫ダムの上流側、山の中にある公園です。

娘は、先日の鳥取旅行で長時間チャイルドシートに縛り付けられたのが嫌だったのか、車に乗るのを嫌がるようになっており、今日も結構ぐずっていました。特に、信号待ちや渋滞で車が動かなくなると顕著にぐずります。風景が流れているとまだ機嫌がいいのですよね。娘は、電車やバスの方が好きなようです。そうはいっても、家族でのおでかけの楽さは自家用車の方が上なんですよね。大人だけなら公共交通機関もどうということはないのですが。

猪名川の支流、一庫大路次川(ひとくらおおろじがわ)にダムがあるのですけど、この川自体は結構細くて、こんな小さな川にこんな大きなダムがあるのかと思ってしまうようなところです。しかしこのダムで阪神間諸都市の飲み水が支えられていますし、治水にも貢献しています。ダム周辺が住宅地というのも特異な場所です。

丘の上の方の駐車場に入れようと思っていたのですが、10時過ぎではもう満車でした。みんな早いですね。仕方なく湖畔の駐車場に入れてそこから歩いて登りました。結構きつかったです。しかし娘は外を歩き始めるとご機嫌で、丘の上の広場も、夏には水路になって水遊びができる溝のあたりも、大はしゃぎで走り回っていました。娘は本当に活発で、外へ出かけるのが好きです。おおよそ、両親のどちらにも似ていない性格ですね。遊具施設のあるところを何度もぐるぐる回っていたり、持って行ったボールを投げて遊んだりと、たっぷりと遊びました。持って行った弁当も喜んで食べていて、私も妻もほっと一安心。

そろそろ帰ろうとなっても、娘が帰りたがらないのが難点です。何とか車へ連れて行って乗せて車を出すと、間もなく寝てしまいました。あれだけ走り回れば疲れるでしょうしね。

公園としてはなかなか楽しめるところで、また機会があれば行きたいものです。

この記事へのコメント