富士山登山鉄道採算見積もり

山梨県でずっと検討している富士山登山鉄道計画について、コンサルタントが当初から単年度黒字可能と試算したのだそうです。建設費の負担方法などに前提条件があるということなので、かなり補助金が入る前提を置いたのでしょうか。しかし山梨県は構想をしている割にはまったく負担する気がないようですし、こんなもの本当に実現できるのでしょうかね。

総事業費は1200億円から1400億円と見込んでいるそうで、まあそんなものだろうかと思います。しかし架線レス路面電車にしようとすると車両費が結構かかりそうです。地表集電システムも候補に書いてありますが、これは建設費が結構高額です。現実的には、鉄道総研で研究していたようなバッテリー式の路面電車でしょうね。

しかし建設費を簡単にでも見積もったのであれば、どんな想定であったのか詳細を公表してほしいですね。

この記事へのコメント