新幹線荷物輸送本格化の検討

JR東日本が、新幹線で専用車両を導入して荷物輸送を行う検討をしているそうです。1両を改造するのだそうで。

記事では貨物輸送と書いていますが、実際には荷物輸送といっていいですね。国鉄時代には、乗客の携行荷物を預かって目的地まで荷物車に積んで運ぶ鉄道手荷物輸送というものが行われていました。ちょうど、航空機で今も空港のカウンターで荷物を預かってくれて、到着地で返却しているのと同じです。ただし、鉄道では荷物を預けない人がほとんどだったこともあり、荷物輸送は有償でした。そしてこの輸送ができるインフラが用意されたら、乗車しない人に対して荷物だけの輸送を提供することも容易なので、別料金で荷物のみの輸送も請け負っており、こちらは鉄道小荷物輸送と称され、俗にチッキと呼ばれていました。

あくまで乗客の携行荷物を預かるのが本業であったこと、旅客列車に荷物車を組み込んで走行していたことから、チッキは旅客輸送の一分野であるとされ、貨車を連ねて走る貨物列車とは区別されていました。鉄道では、荷物輸送と貨物輸送は別物なのです。基本的に駅から駅への輸送であったものの、大都市を中心に集配サービスもオプションで用意されていました。郵便小包と並んでチッキは荷物を配送するサービスであったわけです。もっとも、荷物の扱いがかなり酷かったことや、サービスの悪さなどから、民間の宅配サービスが登場するとあっという間に追いやられて国鉄末にチッキは全廃されました。

国鉄本社には旅客局と貨物局がありましたが、荷物輸送は末期まで旅客局が担当していました。もっとも性格的に貨物輸送に近い面もあり、貨物駅の一角に集約した荷物センターを設置しているところがあちこちにあり、また民営化後にも残る荷物輸送として日銀の現金輸送があり、コンテナ貨物列車に併結することになったことから、国鉄末期には貨物局に移管されてJR貨物が承継した、という事実もあります。

今回、パレットを車内に搭載して輸送するということですが、旅客列車に連結するものなので、荷物輸送という方が近いと思います。これまで試験的に行われてきた輸送は手作業で車内に荷物を積み込んでいましたが、そういう輸送では量的拡大は望めず、コストもかかるでしょうから、やはり本格展開するのであればパレットをそのまま搭載できる仕組みは不可欠でした。しかしここにきてこんなサービスが本気で展開されるのですね。

鉄道ファンとしては、どんな改造車両が登場するのかが興味の的ですね。

この記事へのコメント