近江鉄道上下分離決定

近江鉄道の経営問題について、2024年度から上下分離方式に移行する方針になったそうです。どうやら無事に存続となりそうでよかったです。

近江鉄道は、経営問題になっているとはいえ、特に八日市線はかなりの利用があるので廃止にするのは実際難しかったでしょうね。八日市線は、JRに対するフィーダー輸送になっていて、結構無視できない輸送量です。それに対して本線はJRと並行してしまっているので、近江鉄道で移動してJRに乗り換えるくらいなら、JRの駅に直接出てしまう流れになってしまうのですよね。もちろん、JRと正面から競争するのは無謀な列車本数と所要時間の差があります。

貴生川、近江八幡、彦根の3か所のJRとの連絡駅それぞれに対して接続輸送という感じではあるのですが、この中で近江八幡(八日市線)が一番強い感じです。貴生川が一番弱いでしょうか。あるいは、米原-彦根や八日市-貴生川、多賀線などを整理するという話もありえたかもしれませんが。

しかし、日野駅に資料展示施設ができていますし、また行きたいものです。

この記事へのコメント