長野電鉄百年探訪

『長野電鉄百年探訪』を読み終わりました。鉄道関係の公文書の研究で知られる今尾恵介、長野電鉄と信濃毎日新聞社が協力して執筆した、長野電鉄の百年史に相当する書籍です。80年史の時は長野電鉄が自ら刊行したようですが、今回は外部に委託して、しかも一般の手に取りやすい書籍にするという感じだったのでしょうか。島原鉄道もネコパブリッシングの企画で11…
コメント:2

続きを読むread more

武庫川線の甲子園口駅

阪神電鉄の武庫川線は、もともと戦時中に川西航空機への物資輸送と通勤客輸送を目的として建設されたことで知られますが、このほど国鉄甲子園口まで旅客輸送をする計画で、そのための図面が作られていたという記事が出たみたいです。 現状の武庫川線は、阪神本線の武庫川駅から南へ武庫川団地前まで伸びていて、この武庫川団地のあたりがかつての川西航空機…
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道ダイヤ改正概要

JR北海道から、来春のダイヤ改正概要(PDF)が発表されました。全体に減車減便のダイヤ改正ですが、目を引くのが宗谷本線の普通列車の所要時間短縮です。 宗谷本線の旭川-名寄間に今回、一気にH100形が投入されます。37本中34本がH100形になるのだとか。またこの間で5駅が廃止されます。これにより、最大31分、平均13分短縮になるそ…
コメント:0

続きを読むread more

亀ノ瀬付け替えの検討案

鉄道関係の土木構造物についての記事を掲載しているドボ鉄で、関西本線亀ノ瀬トンネルの崩壊について掲載されました。もともと大和川右岸を通っていた関西本線が、トンネルの崩壊によって通行不能となり、一旦対岸に渡って崩壊区間をかわしてまた元のルートに戻るように付け替えられた区間です。 この記事、関西本線の付け替えルート案の地図が載っているの…
コメント:0

続きを読むread more

サハリン鉄道連絡の断念

ロシアでサハリンと本土を橋またはトンネルで結ぶ構想がありましたが、このほど断念が表明された模様です。 スターリン時代に1度は着工しているのですよね。第二次世界大戦後、スターリンは誇大妄想的な巨大プロジェクトを次々に押し進め、シベリア抑留されていた日本人捕虜などもこういうプロジェクトで使役されたようです。巨大な海軍を建造する計画もあ…
コメント:2

続きを読むread more

夙川公園

今日は夙川公園に出かけてきました。毎年秋になると夙川公園へ行くというのを家族の慣習にしているのですが、今年はなぜか行く機会がうまく作れず、12月になってしまいました。 昨年はまだようやっと歩くようになってしばらくという感じだった娘は、今年はもう活発に走り回っているので、公園にあるジャングルジムやシーソーなどで遊びまわっていました。…
コメント:0

続きを読むread more

フェロー諸島の海底トンネル

北海に浮かぶデンマーク領フェロー諸島で、島の間を結ぶ海底トンネルがこのほど開通するのだそうですが、トンネル内分岐点にラウンドアバウトがあるそうです。想定通行量が少ないから実現できる方式なんでしょうね。 フェロー諸島はそもそも総人口が5万人くらいしかないそうで、よくこの規模でトンネルを実現するものです。政府からの公的資金で支援されて…
コメント:0

続きを読むread more

近江鉄道上下分離決定

近江鉄道の経営問題について、2024年度から上下分離方式に移行する方針になったそうです。どうやら無事に存続となりそうでよかったです。 近江鉄道は、経営問題になっているとはいえ、特に八日市線はかなりの利用があるので廃止にするのは実際難しかったでしょうね。八日市線は、JRに対するフィーダー輸送になっていて、結構無視できない輸送量です。…
コメント:0

続きを読むread more

徳島新県立ホールの新駅構想

徳島県で新しい県立ホールの建設構想が進んでいるそうなのですが、それに合わせて牟岐線に新駅を設置する意向なのだそうです。牟岐線というとローカルな印象もありますが、徳島と阿南の間は結構利用があって、30分サイクルのパターンダイヤが適用されたことでもそれを実証しています。そこに設置するのであれば、確かに利便性に貢献しそうだなと思います。 …
コメント:2

続きを読むread more

江戸堀川橋梁桁交換工事

呉線で、竹原-吉名間にある江戸堀川橋梁の橋桁を日中に交換する工事があったそうです。まあ今どきだと、日中大規模に運休してやりそうな工事ですね。 作業スペースが限られて工事に伴う危険を考慮して、とありますが、まあどうしても日中にやらなければならないわけではないと思います。呉線の東側は、9時から16時までの間を運休にしても、上下12本の…
コメント:2

続きを読むread more

富士山登山鉄道採算見積もり

山梨県でずっと検討している富士山登山鉄道計画について、コンサルタントが当初から単年度黒字可能と試算したのだそうです。建設費の負担方法などに前提条件があるということなので、かなり補助金が入る前提を置いたのでしょうか。しかし山梨県は構想をしている割にはまったく負担する気がないようですし、こんなもの本当に実現できるのでしょうかね。 総事…
コメント:0

続きを読むread more